エンタメ

木村拓哉のSMAP発言に二宮和也のヨイショ、身を削って話題作りに奔走した『検察側の罪人』はヒットなるか

【この記事のキーワード】
検察側の罪人 公式サイトより

検察側の罪人 公式サイトより

 8月24日公開の映画『検察側の罪人』が、木村拓哉(45)と二宮和也(35)のW主演で話題を呼んでいる。ジャニーズの2枚看板が初めて共演する同作には、事務所もプロモーションにかなり力をいれているのだろう。映画の公開前から、木村と二宮はバラエティー番組に出ずっぱりで、公私ともに話題をふりまいている。

 映画『検察側の罪人』で、木村と二宮は、ある殺人事件をめぐって対立するエリート検事と、その後輩の新米刑事を演じる。ふたりは実際にジャニーズ事務所の先輩・後輩の間柄だが、揃って出演したバラエティー番組では、後輩の二宮が、先輩の木村をヨイショする姿が話題を呼んでいた。

 8月17日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)では、木村拓哉と二宮和也が安住紳一郎(45)とともにロケを敢行。この日、二宮は私服で出演したのだが、ダラっとした白のTシャツに半ズボンというラフすぎる姿で登場し、木村が「お前、嵐だぞ?」とたしなめる一幕があった。二宮は、誕生日プレゼントに木村から大量の洋服を貰ったと告白し、「(仕事の行き帰りなどには)もったいなくて着れない」「だって木村拓哉が着ていた服ですよ!」と、先輩の木村の立場を盛り立てた。

 さらに8月20日に行われた映画試写会にそろって登壇した際は、二宮は木村と共演することについて「プロ野球選手に混じって野球しているような感じ。自分もやっていると、上手くなったような感じがする」とコメント。これにはファンからも「演技の評価は二宮の方が上じゃん」「キムタクをヨイショさせられるニノかわいそう」と総ツッコミが入ったが、自分をサゲてまで木村を立てようとする二宮の姿が目立った。当たり前だがもう無邪気な少年アイドルを気取ってはいられない30代、それなりの気遣いは必要なのだ。

 もちろん木村もファンサービスには抜かりがない。公開直前の22日、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に木村と二宮がそろって出演した際には、嵐をはじめジャニーズの独特なグループ名が話題に。すると木村が過去を振り返り、「最初SMAPって言われた時『YOU達今日からSMAPだから』って言われて『えっ?』って」と、SMAP時代のエピソードを明かした。これにはファンが「キムタクからSMAPの名前を聞けるだけでも嬉しい」「涙出てきた」と、ファンは大興奮だった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。