エンタメ

みやぞんは24時間テレビ史上最も過酷なマラソンを乗り切れる? アンガールズ田中卓志や村上春樹も語る100キロマラソンの厳しさ

【この記事のキーワード】
『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)番組HPより

『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)番組HPより

 8月25日18時30 分よりスタートする『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)。毎年恒例のチャリティーマラソン企画はANZEN漫才のみやぞんが担当することになっている。

 今回、みやぞんが挑むのは、単なるマラソンではなく、トライアスロン。水泳1.55キロ、自転車60キロ、そして長距離走100キロを走り抜けることになる。オリンピックにおけるトライアスロン競技は、水泳1.5キロ、自転車40キロ、長距離走10キロなので、こなさなくてはならない距離のケタが違う。

 みやぞんは33歳と歴代のチャリティーマラソンランナーに比べて若く、加えて、高校時代は野球部のエースでピッチャーを担っていたほどスポーツ万能な芸人だが、この厳しい条件にはさすがに心配する声が多くあがっている。

 しかも、気象庁が「一つの災害と認識」とすら言及したこの酷暑のなかである。最近ではだいぶ涼しくなる日も増えたとはいえ、それでもうだるような暑さのなか直射日光を浴び続ければ熱中症で体調を悪くする危険性も十分ある。

 特に100キロのマラソンは厳しいものがあるだろう。100キロマラソンの過酷さは、これまでの経験者も語るところだ。

 2006年にチャリティーマラソンを担当し、100キロマラソンに挑戦したアンガールズの田中卓志は、2017年7月26日放送『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて<恐ろしいことに、足って曲がらなくなるんです。信号待ちのときに、『曲がらなくなるから、屈伸してください』って言われるんですよ。ぐーって、5秒くらいかけてゆっくりしないと、もうヒザが何も動かない。で、ゆっくりまたグーッと伸ばす。だからもう、それくらい限界まで追い込んで>と、100キロを走るにあたっての身体のダメージを語っている。

 それは、フルマラソン経験者でも同じようだ。マラソンをライフワークとして日夜走っていることでよく知られる作家の村上春樹ですら100キロのマラソン体験は過酷であったと綴っている。

 42.195キロを超えるマラソンは「ウルトラマラソン」と呼ばれるが、彼は毎年6月下旬に北海道のサロマ湖で行われる「サロマ湖100kmウルトラマラソン」に参加したことがあり、そのときのことをエッセイ集『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)のなかで綴っている。

 フルマラソンを何度も走りきっている上級者だけあり、走り始めはいたって快調だったのだが、異変は55キロの休憩地点で起きる。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。