ネットテレビが取り組む「地上波ではできない笑い」は、暴力と下ネタなのか

【この記事のキーワード】

 彼らは「真摯な話し合いをするためにきちんと顔を見合わせたい」と言いながら、別に仮面のことなどどうでもよく、ただ単に相手の一番嫌がることで追い込みたかった、セクハラ・パワハラで愚弄して桃子氏を晒し者にすることで「笑い」にしたかった、ということなのだろう。

 放送終了直後から桃子氏のもとにはスタッフらが謝罪に来て、出演者の一部(山本と向井)からも謝りの言葉をもらった。番組制作サイドも放送内容がまずいものだったという自覚はあるわけだ。また、番組アーカイブからも桃子氏らが出演するパートは視聴できないようにするとの連絡が届いたという。

 Wezzyでは桃子氏に取材を行ったが、番組放送時の様子について彼女はこのように語った。

<もともと依頼された企画は「おすすめのラブグッズ紹介」といったもので、事前に打ち合わせや準備をしたうえでスタジオ入りしました。スタッフ側とは仮面の件についてもきちんとお話をしています。でも、本番になったら加藤さんや竹山さんは台本を完全に無視して番組を進行させました。特に加藤さんはひどく酒に酔っている様子で、スタッフもCM中に打ち合わせに来たり、カンペを出したりして軌道修正させようとしましたし、相方の山本さんも台本に戻そうとしていましたが、結局は『仮面を取れ』の一点張り。子どものいじめに近い状況でしたが、彼らはそれを楽しんでエンターテインメントにしようとしていたのでしょう。そんな企画なら出ませんでした。いままで何度かテレビ番組に出たことはありますが、こんなことは初めてです>

インターネットテレビがBPOの対象となっていないことにより問題が起きている

 桃子氏の話を聞く限り、番組出演者およびスタッフ双方に問題が多くありそうだが、こういった事態が引き起こされた要因として、インターネットのテレビ番組はBPO(放送倫理・番組向上機構)による審査の対象となっていないという状況も関係している。

 BPOは放送による人権侵害が起こらないようNHKと民間放送局が設立した第三者機関で、もしもインターネットテレビも対象となっていれば、今回のような番組は審査対象となっていた可能性も高い。

 BPOの件が端的に示す通り、インターネットテレビは地上波テレビに比べて極度に自主規制のラインが低く、制作サイドや出演者もそこにインターネットテレビの“未来”を見ている。

 では、その“未来”は明るいものなのか? 残念ながら現状を鑑みるに、そのようにはとても思えない。地上波テレビとは比較にならないクリエイティブの自由が担保された結果として生まれたものは、パワハラやセクハラが横行し、それを「笑い」と称する世界だった。

 局部を出すなどの低俗なギャグが横溢し、強者が弱者をいじめる企画が「地上波ではできない番組」「地上波ではできない笑い」として喧伝されているのである。

1 2 3

「ネットテレビが取り組む「地上波ではできない笑い」は、暴力と下ネタなのか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。