ライフ

妊婦や子連れを邪魔扱いする暴言・暴力 公共の場で敵意をむき出しにする恐ろしさ

【この記事のキーワード】
ninnpu0905

Thinkstock/Photo by Masao

 お笑い芸人の千原せいじ(45)は、9月3日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送)に出演し、自身の妻が妊娠しているとき「おっさんに『妊娠は病気ちゃうからな』って」と席を譲ってもらえなかった経験があることを明かした。また、妻が妊娠8カ月だった時、交差点で中年男性から「妊婦やからってとろとろ歩くな」と言われ自転車で突っ込まれたこともあったようだ。

 確かに妊娠に病気という言葉は当てはまらないが、それはたとえ体調が優れなくとも一般的な病気のように治療することが出来ないということでもある。妊娠すると貧血で倒れそうになることもあれば、お腹が大きくなり立っていることが辛いときもある。そういった人に席を譲るという行為は、病気であるなしに関わらず人間の良心として大切なことではなかろうか。

 千原せいじの話は氷山の一角であり、満員電車に乗っている妊婦が肘でどつかれた話や、妊婦が優先席に座っていたら「お年寄りに席を譲りなさい」と言われたなど、驚くべきエピソードがネット上には日々溢れている。そして、「妊婦が電車に乗っていることは邪魔だと思いませんか」という相談の投稿も多数存在する。公共の場では妊婦は「邪魔な存在」として扱う人も少なくないことがわかる。

 また、職場での妊婦への嫌がらせや不当な扱いは「マタニティハラスメント」と呼ばれており、「つわりくらいで休むな」や「育児休暇を取得するのであれば辞めてもらう」といった言葉を浴びせられる事例もあるという。

 妊婦が公共機関を利用する際に周囲の配慮を促す目的でつくられた「マタニティマーク」についても、さまざまな意見が飛び交っている。「マタニティマークをつけることは幸せ自慢」と捉える人や、「なぜ妊婦を優遇しなくてはいけないのか」という意見もあり、そういった声への怯えからマタニティマークをつけないことを選ぶ妊婦もいる。

 公共の場で邪魔者扱いされるのは妊娠中だけではない。出産を終え子供と出かける際にも、さまざまな場面でたまたま出くわした他人から心無い言葉を吐かれ、肩身の狭い思いをすることもあるという。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。