社会

北海道で震度6強の地震、GLAYのTERUや「TEAM NACS」メンバーが心境を吐露

【この記事のキーワード】
北海道で震度6強の地震、GLAYのTERUや「TEAM NACS」メンバーが心境を吐露の画像1

Thinkstock/Photo by SteveCollender

 9月6日3時8分頃、北海道で最大震度6強を観測する地震が発生した。土砂崩れや家屋倒壊の影響で死傷者が出ているほか、函館や札幌など中心市街地を含む道内全域で停電が起こっており、混乱が続いている。

 未明の地震を受けて、北海道出身の芸能人たちが続々とTwitterやブログを更新して心境をつづり、また被災地への注意を呼びかけている。

 北海道函館市出身でGLAYのボーカル・TERU(47)は、地震の直後にツイッターを更新していた。〈大丈夫かな? 両親に連絡してるけど、応答なし。 携帯電話家の中に置いて外に出たのかもな…。〉と、被災したと思しき家族への心配を訴えていたが、早朝には〈連絡とれました。やはり、びっくりして携帯電話を家に置いたまま外に出たとの事でした。まだまだ余震も続いてるようなので、心配です。〉と報告。ファンからは安堵のリプライが多く寄せられた。

 また、人気タレントの大泉洋(45)が所属する北海道出身の演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダーで、東川町出身の森崎博之(46)も、早朝にブログを更新。〈午前3時過ぎに、これまでで一番大きな地震を体験しました。ウチは家族全員無事でしたが、みなさま大丈夫でしょうか?(略)浴槽に水を溜めて、鍋やペットボトルにも飲み水確保、冷蔵庫は極力あけない。とんでもない台風に続いて、この地震と停電はかなりしんどいですが、なんとか乗り切りましょう。これ以上被害が広がりませんように。少しでも早く復旧できますように。〉と、現状報告と注意喚起をつづっている。同メンバーで室蘭市出身の安田顕(44)も、〈胸がざわざわしています。停電復旧前に、ブレーカーのご確認を何卒。 みんな〜!!!!!〉と、ツイッターを更新。地震による火災、二次被害への注意を呼びかけた。

 室蘭市出身で元モーニング娘。の安部なつみも、ブログで、〈実家や親戚、友人と連絡が取れました。無事です。停電が続いているらしく、数時間後には断水するとの事。明るいうちに備えてください。必要な連絡先は充電があるうちに、メモしておくといいそうです。ほんとうに心配です。。引き続き余震、本震に備えてください。これ以上被害が酷くなりませんように。。!〉と綴っている。

 それぞれ、被災した故郷の家族や友人について、複雑な思いあるだろう。しかし知名度や影響力ある芸能人という立場を通して、被災地や被災者へ正しい情報を拡散させることに尽力している。

 最近は芸能人が震災について言及すると、「不謹慎」または「売名目的」などと批判を浴びるケースも多いが、同郷の芸能人が故郷を思いやる行為には、励まされる被災者も多いはずだ。

 気象庁は今後1週間、最大震度6強の余震に注意を呼びかけている。

(今いくわ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。