ライフ

コスパのいいクレジットカードの選び方 貴方に当てはまるのは?

【この記事のキーワード】

自分のライフスタイルに合ったポイントを選ぼう

 カードをつくるときは、ポイントの利用方法も事前に調べておきましょう。たとえばリクルートカードで貯まったポイントは、原則的にリクルート社が提供するサービス(旅行予約サイトのじゃらん、ショッピングサイトのポンパレモール、ホットペッパーなど)の中でしか使うことができません。

 そのため、自分がこれらの商品・サービスを利用する機会がなければ、いくらポイントが貯まってもまったく意味がないということになります。このようにポイントの使い道がカード会社によって制限されているケースもあるので注意が必要です。

 セゾンカードは「永久不滅.com」というウェブサービスを提供しており、アマゾンをはじめ多数の企業が参加しています。そのうえ永久不滅.com経由でショッピングをすれば、ポイント2倍など、さらにポイントが加算されます。自分がよく買い物をするショップが多く登録されているなら、おトク度が高いでしょう。

 とはいえ、多くのカード会社のポイントは、ポイント交換サイト(GポイントやPeXといったポイント交換のウェブサービス)で、他社で使えるポイントに変換したり、商品券に換えたりすることができますので、過剰に神経質になる必要はありません。

 これらのことは調べればすぐにわかりますので、自分に最適なポイントはどれかを見極め、最もメリットのあるカードを集中して使うのがよいと思います。

「ポイントサイト」をフル活用

 さらにいまはウェブサービスの進化によって、ポイントの二重取り、三重取りが可能な時代になっています。前述の永久不滅.comなどのように、ポイントが貯まるサービスを集めたポータルサイト(ポイントサイト)というものがあり、そこを経由して買い物をすると、さらにポイントが貯まるようになっているのです。

 たとえば楽天で買い物をするとき、ダイレクトに楽天のホームページにアクセスして購入するのではなく、いったんポイントサイト経由で楽天に飛んでから買うと、プラスでポイントが貯まるという仕組みです。「ハピタス」や「げん玉」などが有名で、私もハピタスをメインで使っています。

 文房具やオフィスの消耗品は、LOHACOで買っています。ハピタス経由で1.5%、LOHACOでTポイントが1%、カードで1%の合計3.5%の値引き効果があり、1900円以上の注文で送料無料、運営はアスクルなので注文した翌日には届くため、重宝しています。

 家庭の消耗品はコメリ・ドットコムを利用しています。これはホームセンターのコメリが運営しているネットショップですが、トイレットペーパーや洗剤などは、ほかのネットショップやドラッグストアの特売よりも安く、「ポイントサイト1.8%+カード払い1%」でおそらく最安値クラスです。1万円以上の利用で送料が無料になるので、私はいつもまとめ買いしています。

 

参考)「“引きこもり主夫投資家”が教える グーグル検索だけでお金持ちになる方法【アップデート版】」(光文社)

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。