ライフ

妊産婦の自殺実態公表、ホルモンバランスの変動や孤立の危険性周知を

【この記事のキーワード】
Thinkstock/Photo by globalmoments

Thinkstock/Photo by globalmoments

 国立成育医療研究センターの研究チームは9月5日、調査の結果、2015~2016年の2年間に妊娠中や産後1年未満に自殺した女性が全国に102人いたことを公表した。妊産婦死亡数全体の約3割にあたり、死因として最多であるという。妊産婦の自殺について、東京23区では2005~2014年までの10年間に63人が亡くなっているとの調査結果が出ているが、全国的な実態がわかったのは今回が初めてである。

 今回の調査で研究チームは、国の人口動態統計と、2015~2016年に全国の自治体に提出された女性(12~60歳)の死亡届・出生届・死産届などのデータから、死因を調べた。 妊娠中・産後1年未満に死亡した妊産婦は死産を含め357人。最多死因は自殺で102人(29%/妊娠中3人・死産後7人・出産後1年未満92人)、がん・心疾患と続く。

 中でも出産後1年未満の自殺は92人で、そのうち初産だったのは60人、またおよそ半数あたる45人が35歳以上だったという。そのほか、世帯員に就労者がひとりもいない無職世帯の自殺率も高かったとのことだ。また自殺時期は、出産後1カ月が10人、2カ月が6人、3カ月・4カ月はそれぞれ10人、5カ月が4人、6カ月は8人……と1年を通して発生していたという。

 調査に携わった専門家らは、産後うつとの関係を指摘し、母親の妊娠中・産後の支援体制の充実が必要性、そして病歴や妊娠中の不安や家族のサポート不足などから産後うつリスクの高い人を早期発見し、支援につなげることが重要と見ている。

 「産後うつ」は、産後はホルモンバランスや生活リズムの変化に、育児不安や孤立、ストレスなどが要因となり、出産後の女性の10人に1人の割合で発症すると言われ、症状が悪化すると、自殺や児童虐待につながる恐れもあるとされている。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。