加計学園は風光明媚な場所に…「岡山理科大学獣医学部」オープンキャンパス訪問記

【この記事のキーワード】

いよいよ獣医学部棟へ

kakegakuen_0107_2

 そして向かい側にそびえるのが、学びの中核となる7階建ての獣医学部棟だ。受付でもらった学校紹介パンフレットには、「私立大学の獣医学部としては最大級の“実験動物センター”を設置。ライフサイエンス分野の教育研究のための動物実験やVPP養成等に利用します」と書いてあった。

 VPPとは、「獣医看護学を基盤とした獣医関連専門家(Veterinary Paraprofessional)」の略語であるらしい。うーん、文系大学出身の筆者にはまったくもって想像がつかないが、獣医分野を志す人々にとってはぐっと刺さるワードに違いない。

愛媛・今治の「加計学園」は、風光明媚な場所にあった!「岡山理科大学獣医学部」オープンキャンパス訪問記【前編】の画像8

 その獣医学部棟の2階からは空中の通路が伸びていて、裏にある動物病院――「獣医学教育病院棟」の5階とつながっている。通路に窓ガラスなどはなく、強風の日などは高所恐怖症の筆者にはとても渡り切る自信がない。

 しかし心配は無用。この通路は一般客の通行がNGなので、脇にある階段を使ってくださいとのこと。

愛媛・今治の「加計学園」は、風光明媚な場所にあった!「岡山理科大学獣医学部」オープンキャンパス訪問記【前編】の画像9

 時間によっては日陰ゼロ地帯。太陽を遮るものもなく、灼熱地獄の中を修行僧のように黙々と歩む。山の構造に抗えなかったのだろうが、これはこれでハードモードだ。まぁ、このような利便性の課題は、校舎の建設などが落ち着いた後にゆくゆく解消されていくのだろう。

愛媛・今治の「加計学園」は、風光明媚な場所にあった!「岡山理科大学獣医学部」オープンキャンパス訪問記【前編】の画像10

 そして、ついにたどり着きました! 今回筆者が非常に楽しみにしていた「獣医学教育病院」の見学ツアー。普段は入ることのできない動物病院の裏側も公開されるそうだ。もちろんツアーには、入学を希望する高校生も参加するわけで、彼らがここを見学に来た理由もぜひ聞いてみたい。

 後編では、このツアーの様子やちょっと気になる学食のメニュー、キャンパスショップのオリジナルグッズ話、見学者の声などをレポートしたいと思う。

(文・写真/吉野歩)

1 2

「加計学園は風光明媚な場所に…「岡山理科大学獣医学部」オープンキャンパス訪問記」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。