ライフ

藤本美貴の食洗器CMに批判、なぜ「ママ」というワードは炎上するか

【この記事のキーワード】
mamakaji0911

ユニバーサルホームの新CM『ちょっと待ってね』篇

 9月1日より放送中のユニバーサルホームの新CM『ちょっと待ってね』篇が、SNSで波紋を呼んでいる。“ママの家事を楽にする住まい”をコンセプトに、<毎日慌ただしくしているママの家事負担が軽減され、子どもとふれあう時間、夫婦の時間など、「家族との時間」が増える暮ら>を表現したというこのCMだが、結局のところ“家事はママの仕事”という規範を強化するものになっていないか、という疑問につながるからだ。

 そのCMはわかりやすい内容だ。藤本美貴(32)演じる母親は家事に忙殺され、子どもの「ママ遊ぼう!」「ママ読んで!」といった要求に対して「ちょっと待ってね」と繰り返していたが、新居に移り食洗器を導入してからは子どもに「ママ」と呼ばれるとすぐに「遊ぼうか」と応じられるようになり、子どもは「やったぁ!」と喜ぶ。父親(夫)が母親(妻)に「『ちょっと待ってね』って言わなくなったね」と微笑む……というストーリー。

 ラストの父親の台詞「『ちょっと待ってね』って言わなくなったね」に対して、Twitterでは「『お前が洗えばいいんじゃ』と思った」「全く共感できない」「お前が家事手伝うか娘の相手してあげる選択肢はなかったのか」など、批判や不快感を示す声が続出した。家事に取り組む気がなさそうな父親の描写に「心霊現象なのでは?」「まだ子供との関係性ができてない再婚相手なんだろうな」という皮肉もある。

 CMやPR動画の炎上が相次いだ昨年、紙おむつ「ムーニー」や「牛乳石鹸」の動画も、そこで描かれる家族観がアップデートされていないことについてネット上で批判を受けていた。

 ユニバーサルホームでは、9月1日~9月30日にかけて「名前のない家事を解決!」というテーマで「秋得フェスタ」キャンペーンを開催中で、新CM『ちょっと待ってね』篇もその一環である。公式サイトではこのようなメッセージが掲載されている。

<「ごはんをつくる」「ゴミを捨てる」という家事の中にも、献立を考えたり、家中のゴミをまとめたり……日常に少しずつ存在しているけれど、その作業を家事だとなかなか認識されない“名前のない家事”。日本の女性の平均家事時間は、一日【2時間24分】とも言われていて、ママは毎日大忙しです。>

<そんな『名前のない家事』を、間取りや収納、ちょっとした住まいの工夫で解決したい!ユニバーサルホームはそんな想いから、この秋、毎日忙しいけれどいつでもとっても素敵なママ・藤本美貴さんと一緒に、全国の子育て家族を応援します!>

 共働き家庭が増加しているとはいえ、男性よりも女性の家事時間が長いという現状があり、新CM『ちょっと待ってね』篇には、<毎日大忙しのママ>の負担を軽減したいという想いが詰まっているのだろう。家事の負担を軽減するユニバーサルホームの商品展開に文句をつける気もまったくない。しかし、“家事はママの仕事”というジェンダーバイアスありきのPR手法には首を傾げる。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。