社会

吉澤ひとみの容疑を弁護士が解説 起訴後、懲役1年程度が一般的か

【この記事のキーワード】
送検後、勾留続く吉澤ひとみの容疑を弁護士が解説 起訴後、懲役1年程度が一般的かの画像1

吉澤ひとみオフィシャルブログより

 9月6日午前7時頃、東京都中野区東中野2丁目のJR東中野駅前交差点でひき逃げ事件を起こし、2人に軽症を負わせたとして逮捕された、元モーニング娘。メンバーでタレントの吉澤ひとみ。逮捕容疑は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と、道路交通法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)である。

 その後、もともとタレント仲間の間では酒豪として知られていたこと、モーニング娘。のメンバーであった2007年1月に交通事故で弟を亡くした過去があるにもかかわらず今回の事故を起こしていたことなど、多くのエピソードがニュースで報じられている。

 しかしながら、タレントにまつわる事件ではしばしば起こることとはいえ、真偽不明の情報もネット上では散見される。今回の事件を、法的な観点からはどう考えればよいのか? 芝田総合法律事務所(東京都中央区)の高崎俊弁護士に話を聞きながら、逮捕時における警察の判断や今後の流れについて整理した。

――

――まず、逮捕する必要があったのでしょうか? いったんは現場を離れつつも、自ら110番したとのことです。身柄拘束まではせず、書類送検で済ませることもできたのではないかという声もありますが。

高崎俊弁護士 現時点で報道されている情報だけをもとに述べている見解であることは、先に断っておきます。その上での話ですが、これは逮捕されても不思議ではない事案ではないかと思います。

 刑事事件において、警察による逮捕は一般的にかなり広く認められています。ましてや昨今の悪質な運転行為への社会的な注目度の高さもありますしね。特に逮捕容疑が「救護義務違反」(ひき逃げ)であることからもわかる通り、吉澤ひとみさんはいったんその場を離れてしまったと見なされたようですから、「逃亡の恐れあり」として逮捕されても不思議ではないでしょう。

 また、同じく逮捕容疑に「酒気帯び運転」があります。飲酒運転の場合、アルコールが体内から抜けてしまっては、どうしても容疑者に罪証隠滅(証拠隠滅)の余地を与えることともなり得ます。そのため、明らかに飲酒状態にあるうちに身柄を拘束してしまうというのは、警察の判断としてはあり得るのではないでしょうか。

 ましてや報道によれば、「酒気帯び」の基準値である呼気1リットル当たり0.15ミリグラムを大きく上回る0.58ミリグラムのアルコールが検出されたということですから、逮捕時点でもかなりの酒酔い状態にあった可能性もある。このような点から考えても、逮捕に至ったとしても不思議ではないとは思います。

送検後、勾留続く吉澤ひとみの容疑を弁護士が解説 起訴後、懲役1年程度が一般的かの画像2

事故現場とされる、東京都中野区東中野2丁目、JR東中野駅前の交差点

――事故現場は、東京都中野区東中野です。吉澤ひとみさんは、9月6日の夕方に警視庁中野署で通常逮捕されたにもかかわらず、同署での取り調べ後、同日夜には警視庁原宿署に移送されています。これはなぜでしょうか?

高崎俊弁護士 単純に、女性の留置施設があるのが、東京都23区内では原宿署や湾岸署など一部の警察署に限られるからではないかと思われます。

――9月12日時点でも吉澤ひとみさんは釈放されておらず、9月7日午前に送検されたのち、裁判所に対する10日間の勾留請求も認められ、原宿署での勾留が続いているようです。これは妥当な判断なのでしょうか?

高崎俊弁護士 容疑者の送検から24時間以内に検察は、釈放するのか、あるいは勾留を請求して引き続き身柄を拘束するのかを判断します。勾留の決定は裁判所が行うのですが、現在の刑事司法実務では、「逃亡や罪証隠滅のおそれ」といった勾留理由は、かなり広く認められるというのが実感です。今回の勾留決定の判断も、よくある判断だとは思いますよ。

 今回の吉澤ひとみさんの場合、報道を見る限り、飲酒の量や開始時刻などの供述に曖昧な点も多く、その信頼性に疑問も残ると判断されたようです。これは、引き続き勾留してきちんと取り調べをしなければいけない、という検察の思惑があったのだと思います。

――芸能人が容疑者である刑事事件の場合、しばしばネットなどでは、「国民に対する治安意識喚起などの観点から、「警察・検察はタレント絡みの事件については、“見せしめ”的に厳しい対応をしがちだ」などといった指摘がなされますね。

高崎俊弁護士 刑事事件において、容疑者が芸能人だからといって警察の対応が厳しくなる、あるいは検察の求刑が重くなったり、裁判所による実際の判決が重く下されたり、ということはあまり考えにくいですね。

 ただ、報道を見る限りですが、先述の飲酒開始時刻の件など、マスコミに対して容疑者の供述をある程度リークしていますよね。私もこういうとき、「なぜ情報が漏れているのだろう」と常々思うのですが、警察の側としては、世間に対するある種の威嚇効果といったものは常に考えながら動いているのでしょう。こういうリークは公務員の守秘義務違反のような気がしますが、今回に限らず、警察署内での取調内容等が報道されることは往々にしてあります。

 有名人が刑法を犯した可能性があるという重大事案である以上、マスコミだって報道のために当然強く問い合わせをするでしょう。そういった警察・検察とのやり取りの中で知り得た情報をマスコミが報道するというのはいつも見られる光景ではありますが、不思議な光景でもあります。吉澤ひとみさんにとっては、こういう形で一挙手一投足を報道されるのは苦しいでしょうね。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。