社会

酒や薬物で女性の意識を奪う卑劣な性犯罪、逮捕相次ぐ

【この記事のキーワード】
kusuri0914

Thinkstock/Photo by Giselleflissak

 女性をナンパする方法をレクチャーする『リアルナンパアカデミー』を主催する渡部泰介容疑者(42)と塾生だった大滝真輝容疑者(29)が、11日に逮捕された。2人は昨年11月、新宿区内のホテルで20代女性にアルコールを大量に飲ませ、性的暴行を加えた疑いがかけられている。『リアルナンパアカデミー』は過去にも他の塾生が同様の手口で女性に性的暴行を加えた容疑で逮捕されている。

 女性を酔わせて意識や判断能力を鈍らせたうえで性行為に及ぶことが『リアルナンパアカデミー』の“常套手段”だが、言うまでもなくそれは合意のとれない性暴力である。

 今年7月には愛知県で、「デートレイプドラッグ」と呼ばれる薬物を使って女性を前後不覚にしたうえで暴力をふるうおぞましい事件での逮捕者も出ている。この事件はリクルートマーケティングパートナーズの元社員の柳沢翔容疑者(28)が婚活アプリで知り合った初対面の女性に睡眠薬を飲ませ、自宅マンションで性的暴行を加えた疑いで逮捕されたもので、容疑者は同じ手口で他の女性にも乱暴した疑いがあるとみられている。

性的暴行の加害者のほとんどが知人

 性的暴行・レイプには誤ったイメージが未だにつきまとっている。たとえば、暗い夜道を1人で歩いている時に見知らぬ人に襲われる……といったイメージだ。実際には、性的暴行の加害者の多くは被害者の「知人以上」であるケースが多い。

 内閣府が実施した調査によると、性的暴行の被害に遭った女性と加害者との関係性で、最も多かった回答が「よく知っている人」(61.9%)。「顔見知り程度の人」も14.9%おり8割近い加害者が「知人以上」であることがわかった。

 前述した性暴力事件についても、見知らぬ他人がいきなり襲い掛かってきたわけではなく、会話や食事などをして恋愛関係に発展するかのように見せかけながら女性を油断させ、暴力をはたらいている。

1 2

宮西瀬名

フリーライターです。ジェンダーや働き方、育児などの記事を主に執筆しています。
“共感”ではなく“納得”につながるような記事の執筆を目指し、精進の毎日です…。

twitter:@miyanishi_sena

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。