エンタメ

滝沢秀明「芸能界引退」がこのタイミングで発表された本当の理由

【この記事のキーワード】
滝沢秀明「芸能界引退」がこのタイミングで発表された本当の理由の画像1

タッキー&翼オフィシャルウェブサイトより。

 若くしてブレイクし、今もなお現役バリバリのアイドルである滝沢秀明(タッキー)の「突然すぎる引退報道」が、芸能界にさまざまな憶測を呼んでいる。まず、ジャニーズ事務所から公式発表がなされたのは9月12日深夜。活動休止中だった「タッキー&翼」が10日をもってすでに解散をしていたことが明らかとなり、立て続けに「タッキーの芸能界引退と後継者襲名」が発表されたのだ。某スポーツ紙の芸能記者はこう語る。

「タッキーがジャニーさんの後継者になると第一報を飛ばしたのは8月末に発売された『週刊文春』でしたが、それは裏取りも弱い微妙な記事でした。そして今回の正式発表は、文春の早刷りには間に合わない水曜日に、各社へFAXで送られてきた。これは『文春には載せたくない』というジャニーズサイドの強い思惑があったといわれてます。それほどまでに今回の『後継者襲名』は水面下で調整に次ぐ調整が行われており、文春の第一報以降、ジャニーズサイドはずっとピリピリしていたそうです」

 ジャニーズ事務所内の派閥争いや相次ぐ不祥事によって、「ジャニーズ帝国の崩壊」といった報道が過熱していた昨今。今回の「正統な後継者」の誕生は事務所にとってかなりの朗報には違いないが、しかし誰もが思うのが、「なぜタッキーは引退をしなければいけないのか?」ということ。滝沢はまだタレントとしても現役バリバリの36歳。プレイングマネージャーという選択肢を捨て、芸能界引退という片道切符を手に「裏方入り」を表明した彼の思惑とは? 前出の芸能記者はこう分析する。

「ジャニーズ事務所の後継者は長年、マッチ(近藤真彦)やヒガシ(東山紀之)といわれていましたが、2人とも後進育成をメインとした裏方になる気はそもそもなかったようです。ただし、タッキーが正当な後継者となるには、少なくともこの2人に花を持たせる必要がある。タッキーがタレント活動と並行して後継者を襲名すると、新たな騒動を巻き起こす可能性があったということです。そのためタッキーは、『芸能界引退』という誰もが予想しなかった選択をした。普通のタレントならまずできない決断ですよ」

1 2

ロボティア編集部

人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT、ブロックチェーンなど、テクノロジー関連のニュースを配信する専門メディアを運営。国内外の最新技術動向やビジネス情報、カルチャー・生活情報なども各メディアに寄稿中。

サイト:ROBOTEER

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。