エンタメ

武井咲の出産で「違約金10億円」などなかった

【この記事のキーワード】
武井咲

『黒革の手帖』公式Instagramより

 武井咲(24)のメガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」の新CMへの出演情報が解禁された。新CMは今年7月に撮影され、今月20日より放送されるという。

 武井咲は昨年9月1日に、EXILEのTAKAHIRO(33)との結婚および第一子妊娠を発表。昨年10月~12月放送の連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)の出演を最後に産休に入り、今年3月に第一子を出産した。そして5月には、7月に仕事復帰すると所属事務所が発表していた。今回のCMが彼女の復帰作となるようだ。

 今からちょうど1年前、人気女優でCM契約も多い武井咲の“授かり婚”に、マスメディアは大騒ぎした。CMやドラマの降板、違約金10億円、所属事務所はお詫び行脚……さまざまな憶測が相次いでいた。残念なことに、武井の妊娠を迷惑扱いするような記事も少なくなかった。

 そんな状況を見かねたのか、武井とTAKAHIROの結婚・妊娠発表から6日後の9月7日には、日本エンターテイナーライツ協会(ERA)が、「武井咲さんの10億円の違約金報道について」と題した声明文を発表した。「私たちは、今回の武井咲さんの10億円の違約金報道について、できるだけ事実に即した報道がされることを強く求めます」「違約金の金額が10億円ということは到底考えられ」ず、また、そのような報道が大々的になされることで、「多くの視聴者、読者を誤解させる」「タレントたちに対して不当な圧力を与え、結婚、妊娠を始めとする人間として大切な自由と権利を不当に制限する原因となりかねない」との見解を示し、「できるだけ事実に即した報道がされることを強く求めます」とあった。

 では実際にはどうなったのかというと、まず、授かり婚を理由に武井咲があらゆるCMを降板するという事態にはならなかった。たとえば当時、武井がCM出演中だったアレルギー専用鼻炎薬「アレジオン20」は授乳中の服用を避けるよう明記されているため放送中止を危ぶむ向きもあったものの、同商品を製造するエスエス製薬からは、契約に変更はないと発表があった。また、昨秋に武井が主演した連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)も、体調を考慮しての撮影スケジュール調整はあったようだが、彼女は最後まで主演を務め、予定通りに放送された。

 もちろん、スケジュールが詰め込まれていたため仕事にまったく影響がなかったわけではなく、今年1~3月クールに放送予定だった連続ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)のセカンドシーズンは見送りとなったものの、放送予定枠だったとされる“月9”では『海月姫』が放送され好評を博した。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。