武井咲の出産で「違約金10億円」などなかった

【この記事のキーワード】

 芸能人だって人間である以上、妊娠出産に限らず、突然の怪我や病気に見舞われるなどで予定通りに出演できなくなってしまう可能性は当然あるだろう。不祥事で作品がお蔵入りになるなどした場合は別としても、妊娠出産まで損害賠償沙汰扱いされるとしたら理不尽だ。芸能事務所側としては「仕事が入っているのに、結婚や妊娠なんてあり得ない」との言い分もあるかもしれないが、一般視聴者までその業界論理に組み込まれて「無責任だ」等と女優を罵る世論が形成されるのはあまりにおかしい。

 所属事務所の発表によれば武井は7月から復帰しており、産後の仕事復帰としては比較的早期といえる。武井自身が望んだことなのかどうかは不明だが、元気な姿を目にしてファンはひと安心だろう。「ハズキルーペ」CMでは艶やかな着物を着こなしクラブのママ風で、彼女の代表作『黒革の手帖』を彷彿させる。これからも女優として彼女が活躍してくれることに期待したい。

1 2

「武井咲の出産で「違約金10億円」などなかった」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。