エンタメ

渡辺直美に海外から「醜い」「デブ」、川口春奈も…ハイファッション界隈の闇

【この記事のキーワード】
渡辺直美に海外から「醜い」「デブ」川口春奈もの画像1

GUCCI公式Instagramより

 9月14日にGUCCI公式Instagramで公開された渡辺直美(30)の写真が世界で“炎上”している。

 炎上しているのは、先日リニューアルオープンしたGUCCI青山のパーティーで撮影された写真で、渡辺直美はGUCCIの洋服や装飾品を着こなしている。9月19日時点でこの写真には60万件以上のいいね!と8000件近くのコメントが寄せられているのだが、そこには「クソデブ」などと渡辺直美の体型を批判するコメントがある。コメントで用いられる言語は日本語だけでなく、英語、フランス語、スペイン語、韓国語、ロシア語、アラビア語などさまざまだ。

 ちなみにGUCCI青山のパーティーには、夏木マリ(66)、蜷川実花(45)、伊勢谷友介(42)、森星(26)、川口春奈(23)らも参加していた模様で、やはりそれぞれの着こなしがGUCCIの公式Instagramで公開されているのだが、それらの投稿についたコメントはせいぜい200~300。韓国アーティストやハリウッドスターの写真においても1000を超えるコメントがつくことはまずなく、渡辺直美の写真に対する反響の大きさだけは群を抜く。また、川口春奈に対しても少数ではあるが批判的な外国からのコメントがついている。

 Instagramのフォロワー数は国内1位の800万人以上で“インスタ女王”の異名を持つ渡辺直美が多くの人々から支持を集めていることは明らかだ。Instagramだけでなく、テレビやファッション雑誌でも、渡辺直美の個性的なファッションは度々注目され、豊富なサイズ展開をするファッションブランド「PUNYUS」のプロデューサーも務めている。そんな渡辺直美だが、海外の一部GUCCIファンは「太っているからGUCCIにふさわしくない」と言いたいのだろうか?

 痩せ信仰の根強さは日本に限ったことではなく、欧米諸国では過去に痩せすぎによって死に至ったモデルもおり、国際的な社会問題といえる。昨年フランスでは、極端に痩せているモデルの起用を禁止する法律が施行され、またパリに本社を置くファッション企業のケリングとLVMHがタッグを組み、痩せすぎのモデルは起用しない旨を表明した。

 モデルの心身の健康を守るため、子どもや若者に歪んだボディイメージを植え付けないためにも、痩せすぎは美しさとイコールではないという価値観が普及してきているのは確かで、プラスサイズモデルと呼ばれるいわゆるぽっちゃり体型のモデルが起用されることも増えてきた。

 とはいえ現状、ハイブランドのコレクションでは長身でスリム体型のモデルが圧倒的多数で、プラスサイズモデルは少数かつ例外的な存在に留まっている。日本もまた同様であろう。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。