連載

「飲めるアロマオイル」のマルチ商法が危険すぎる! おしゃれイメージに隠された罠

【この記事のキーワード】

 そのうえ「天然成分で豊かで健康な暮らしを」という体(てい)の切り口が、さらに悪質だと指摘。そういえば、このアロマを取り入れた保育所なんてものも見かけた記憶が!

同じマルチでも悪名高きA社の方が分かりやすく『金儲けでウェ~イ!』って感じでマシだと思います。つわりで苦しむ妊婦さんや子どもや赤ちゃんにまで使えるといい放つマルチ系アロマは、本当に厄介。自然派志向であれば、ふらふら行ってしまいそうですし。B子さんは『私は自分の目で見たものを信じます』『常識こそ疑え』と言いますが、自分の判断こそ、疑ってほしいです」

 今やすっかりポピュラーな癒しグッズとなり、手軽に手に入れられる精油。華やかな香りからオシャレ演出もバッチリ、「植物の自然な力で」という優しく安全そうなフレーズも心をくすぐります。その裏でこんな過激な使い方で広める世界があったとは。

 確かにこの使い方のほうが、ジャブジャブ消費するわな~というおかしな感心とともに、明らかに女子どもをターゲットにしているかのようなトンデモ商売に表面的なイメージとは真逆の闇を見た思いです。ここは迷うことなく、Sさんと一緒に大声で言いたいですね。「精油は飲み物じゃありません!」。

Information

引き続き、みなさまの体験談も募集中です。ご自身の体験を語ってくださる方は、山田ノジルメール「nojiruyamada@gmail.com」へ、ぜひ情報をお寄せください。

▼vol.1:
前篇)異臭がする子供、ワクチン拒否…義妹が「自然派ママ」になりまして
後篇)過激な自然派育児は誰のため? 自己肯定のレベル上げに執心、医療全否定で子供の健康を守れるか
▼vol.2:
「子宮系女子」になった母、その原因が自分にもあるのではないかと悩む娘
▼vol.3:
「意識高い系ママ」になってしまった実妹…食材にはこだわるもののマナーはガン無視!
▼vol.4:
元妻が「子宮教」に傾倒、父親は子供を引き取らなかったことを後悔
▼vol.5:
妊活ヨガ講師になった妹。愛されママアピールのために作られた、嘘の世界
▼vol.6:
「子宮教」の影響で育児放棄、散財に走った妻に目を覚ましてほしい夫の奮闘!
▼vol.7:
アロエベラジュースで万事解決を信じる母親の期待する「アロエベビー」とは?

▼番外編
友がトンデモになりまして」vol.1:自称セラピストに転身した親友から「毒親を愛せ、許せ」と詰め寄られた女性の苦悩

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。