エンタメ

バナナマン日村勇紀「16歳少女淫行疑惑」の問題点

【この記事のキーワード】
TBSラジオ公式サイトより

TBSラジオ公式サイトより

 16年前の話の真偽はどこにあるのだろうか――。お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀(46)に関する記事が9月21日発売の「フライデー」(講談社)に掲載されている。そのタイトルは「バナナマン日村勇紀 16歳少女との淫行 証拠写真」であり、この部分だけを見ると「まさか!」の一言しか出ないほどにセンセーショナルだ。だが、その中身を読み進めてみると、印象が少し変わってくる。

 日村との情事を告白したのは愛知県に住む32歳の河野綾香さん(仮名)。綾香さんが告発しているのは16年前、2002年の出来事だ。当時16歳だったという綾香さんは、日村に「21歳の大学生」と年齢と身分を偽り、メールアドレスを記しプリクラを添えたファンレターを送付。すぐに「日村です」と写真つきのメールが届き、ふたりはメールで会話をする仲になった。当時、日村は30歳である。

 ほどなくしてテレビ番組の収録で日村が名古屋を訪れた際に、名古屋の繁華街でふたりは初めて会い、そのまま食事を共にする。そこで日村は女性に飲酒を勧めたという。日村が綾香さんを21歳だと思い込んでいたならば、なんら罪はない。だが綾香さんはこの時点で日村には実年齢を打ち明けていたと話しているのだ。

 綾香さんいわく、当初こそ21歳と偽ったものの、メールをやりとりするうちに「実は16歳だ」と告白した。だが日村は「歳は関係ない」と話した、としている。これが本当だとしたら、16歳と知りつつ、酒を勧めた、飲ませた時点で大人として許される行為ではない。未成年飲酒禁止法の中には「未成年者自身が飲酒することを知りながら、未成年者に対して、酒類を販売・供与した営業者に対して、50万円以下の罰金を科す」とある。

 飲食店を出たふたりは日村が宿泊するホテルへ。そこで性的関係を持ち、以降は日村が名古屋に来るたびに関係は続いた。ほどなくして綾香さんは上京、日村の住む家に入り浸るように。日村の家で撮影したものだろうか、同誌には日村と綾香さんとのツーショット写真も掲載されている。

 だが当時、日村には恋人がいて、綾香さんとはいわゆる<体だけの関係>だったそう。そのことから綾香さんは次第に精神のバランスを崩し、やがて愛知に戻ることになったという。今回彼女が告発に至ったのは「あの人のことは、今でも許せません。私自身が年齢を重ねた今だからこそ、彼の行いが許されないことだとわかります」「テレビで彼を見るたび、ツラい過去を思い出してしまうんです」との理由からだそうだ。

 たしかに未成年淫行は許されざることで、日村が未成年と関係を持ったことは明らかに彼の間違いだが、それと彼女が「ツラい」「許せない」こととは別問題だろう。日村が彼女を騙したり、脅したり、強引に関係を迫ったりという経緯は見当たらず、綾香さんの「ツラい過去」は失恋によるものだからだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。