エンタメ

松本人志が公開いじめを笑う『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』の“価値”とは?

【この記事のキーワード】
松本人志が公開いじめを笑う『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』の価値とは?の画像1

『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』特集ページより

 9月19日より配信が開始された『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』(Amazon Prime Video)。同じく、松本人志がホスト役を務める『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』(Amazon Prime Video)の流れを汲む新シリーズとして話題を集めている。

 『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』で松本人志から提示されたルールはひとつ。「FREEZE」とコールされたら、参加者は椅子に座った状態で背筋を伸ばして腕を組み、「RELEASE」とコールされるまで、なにをされても動いてはいけないというものだ。最後まで耐え抜いた優勝者には賞金100万円が与えられる。

 現在配信されている第1シーズンは、岩尾望(フットボールアワー)、クロちゃん(安田大サーカス)、鈴木奈々、ダイアモンド☆ユカイ、藤本敏史(FUJIWARA)、ボビー・オロゴン、諸星和己、山崎静代(南海キャンディーズ)といった面々が参加しているのだが、同19日に行われた配信記念記者会見では、出演者が口々に『FREEZE』の収録の厳しさを吐露した。

 特に、諸星和己は笑いを交えながらも、<柔らかく言って『行き過ぎたいたずら』。悪く言うと『パワハラ』。第三者委員会に委ねていますから>と発言。それに対し、松本人志が<本当の審議が入ったら完全アウト。本気で訴えたら全員勝てる>と返す一幕もあった。

 実際、『FREEZE』で出演者たちに襲いかかる仕掛けは、悪く言わなくても、「パワハラ」そのものだ。

 前述の通り、参加者はルール上、椅子から動けないわけだが、そんな相手の至近距離で爆竹を鳴らしたり、すねを竹刀で殴打したり、スターターピストルを向けて脅したうえで引き金を引いたりといった演出が続く。そして、極め付きは、出刃包丁をくくりつけたドローンを飛ばし、目の付近を刺すといったものだ。

 出刃包丁ドローンの餌食となったのはクロちゃんで、彼は二回にわたって目の付近を刺された。幸いにも眼球からは逸れていたが、まぶたの上と眉間という非常に微妙な位置を刺されており、スタッフがドローン操作を少しでもミスしていたら失明してもおかしくないため、視聴者は笑うというよりハラハラする。

 これにはさすがに「RELEASE」の声がかかった後、参加者全員が絶叫し、ボビー・オロゴンは<なんで動かねえんだよ!>と語りかけていたが、確かにこれはバラエティー番組の演出の域を逸脱し過ぎている。その逸脱が“規制のないネット番組の良さ”なのだろうか。

 クロちゃんも番組内で<ドローンを使うと思ってなかったから。しかも、包丁くくりつけてきたでしょ。ダメだから。よく当てたよね、マジで。事故だよ、事故。あんなの>とコメントしているが、これは芸人が“盛って”話しているのではない。事実、ドローン出刃包丁で起きた一連の出来事は<事故>としか言いようがなく、あの演出で笑える人はほとんどいないだろう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。