エンタメ

「強い女性は結婚“できない”」という認識が全然崩れない日本社会

【この記事のキーワード】

 久本に限らず今回アンケートで票を集めた芸能人は、まず仕事が充実している。女性にとって「結婚」というライフイベントは、恋愛感情の結実や出産と育児の基盤というだけでなく、生活のために必要な社会的制度という側面が強かった。女性が働いても生活に充分な賃金を得続けられる見込みが薄く、昇進や昇給の可能性も低かった時代、結婚は生活を支える術として機能した。いや、今でもその側面は消えていない。

 だからこそ、十分に1人で生活していける収入があれば、結婚は喫緊の課題ではなくなる。そう考えれば、前出の面々は“結婚できない”ではなく、現段階では“結婚することを選択していない”芸能人と言えるだろう。

 とはいえ結婚は女性にとって生存戦略だけでもない、複雑性を持つ。それこそ勝ち負けの判断基準にされたり、女性としての優劣を競う材料のひとつに用いられたりする。だから「結婚“できる”/“できない”」という言い方をされもするのだ。

 結婚はあまりに多くの意味を孕んだ複雑な契約と化している。結婚という契約を性別問わずフラットに交わせるようになれば、「結婚できない芸能人」というばかげたレッテル貼りもなくなるのだろうが、現在20~30代の女性が「結婚“できる”のは男性に選ばれる女性」と思い込んでいる以上、そんな日が訪れるのは100年先のことかもしれない。

(ボンゾ)

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。