エンタメ

『半分、青い。』は北川悦吏子の自伝だった? 震災の雑な扱いも波紋

【この記事のキーワード】
『半分、青い。』公式webサイトより

『半分、青い。』公式webサイトより

 2018年度前期のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が、9月29日に最終回を迎える。4月に放送が始まった『半分、青い。』は、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の支離滅裂な言動や、思いつきで展開しているかのような目まぐるしいストーリー、さらには脚本を担当する北川悦吏子氏のTwitter上での暴走ぶりなどが、ネット上で物議をかもしてきた。評判そのものは決して良いとはいえないが、それも含めて注目を集めたのは事実で、平均視聴率は20%前後を推移。制作のNHKも北川氏も、この数字をもって「成功した」と捉えるだろう。

 北川悦吏子氏のオリジナル脚本による『半分、青い。』は、1971年生まれのヒロイン・鈴愛が高度経済成長期の終わりから現代までを駆け抜けるという、半世紀の物語。鈴愛のモデルはいないはずだが、あえて言うなら北川氏自身が鈴愛そのものだったのだろう。舞台は彼女の出身地である岐阜、そして東京。鈴愛の年齢は北川氏より10歳若いが、享受してきた日本のカルチャーは重なる。何より、一部の視聴者が紛糾した鈴愛の破天荒な言動を、北川氏は破綻しているとは捉えず、「鈴愛ならばこうする」と確信を持って描いていたようだ。

 しかし北川氏が脚本家として名声を得たのとは違い、鈴愛は漫画家として大成しなかった。朝ドラといえば、ヒロインといえば浮き沈みを経験しながらも何らかの天職を全うし、その傍らで運命の相手と紆余曲折ありつつも結婚して夫婦になる、というパターンが多いものだが、鈴愛の半生は挫折の繰り返しだ。

 家族や友人に囲まれのびのび暮らし、同じ日に生まれた幼なじみの律(佐藤健)とは恋愛ではないがいかにも特別な関係、高校卒業後は漫画家を目指して上京――と、ここまではいわゆる朝ドラ路線通りだった。鈴愛はきっと偉大な漫画家・秋風羽織(豊川悦司)にしごかれながら漫画家として才能を開花させ、遠距離恋愛やすれ違いがあっても最終的には律と結婚するんじゃないか、と予想する人もいたかもしれない。ところが、20代の鈴愛はプロの漫画家としてデビューするものの次第に伸び悩むようになり、数年ぶりに再会した律にプロポーズされるもタイミングが悪かったのもあって断る。

 やがて鈴愛は才能のなさを悟って漫画家引退、100円均一ショップのアルバイトで出会った映画監督志望の涼次(間宮祥太朗)と結婚し長女を出産。律も職場で知り合った女性と結婚し長男に恵まれた。しかしそれぞれの幸せな家庭生活も長くは続かない。映画監督の夢を捨てられない涼次から一方的に離婚を切り出された鈴愛は、長女を連れて故郷の岐阜に戻った。祖父の仙吉(中村雅俊)に教わった五平餅を出すカフェを立ち上げるために奮闘したかと思えば、長女が(金のかかるスポーツとして有名な)フィギュアスケートを習いたがったことがきっかけで再び上京するも勤めた会社が倒産した。鈴愛の半生は、朝ドラらしからぬどんでん返しの連続だ。

 ただし鈴愛の持ち味は「アイデア」(星野源が歌う主題歌のタイトルも「アイデア」だが)。漫画もアイデアだけは良かった。鈴愛はアイデアを活かして、離婚し会社も退職した律とともに“そよ風扇風機”の開発に乗り出し、アラフォーになっていよいよ幼なじみの二人はキスまで辿りついた。このドラマに一本筋が通っているとしたら、それは「鈴愛のアイデアに振り回された人間模様」ということになるかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。