桐谷美玲の『ZERO』降板、妊娠や出産は“リスク”なのか?

【この記事のキーワード】

 もちろん、妊娠の可能性をふまえた桐谷自身が、現場が混乱しないようキャスター業に復帰するのは出産後が望ましい、と考えることもあるとは思うが、そこはあくまでも本人が選択する事柄ではないのか。

 実際、出産を控えた女性は、産休や育休で、数カ月から1年ほど職場を留守にすることになるのが通例。職場に多少なりとも影響を与え、いわゆる“迷惑”をかけることもあるかもしれず、キャスター業や女優業も例外ではないだろう。しかしながら、職場に迷惑をかけるのは困るとされたところで、妊娠・出産時期のコントロールは理想どおりにいくものではなく、ゆえに“職場にとってベストなタイミング”まで妊娠を待機するなんてことは難しい。

 妊娠・出産で職場に迷惑をかけたくないと本気で躊躇していたら、何もできないし、ワークライフバランスなんてあったものではない。結局、妊娠したら退職するか、あるいは妊娠・出産を諦めるか……突き詰めるとそういうことになる。それではこの「産みにくく育てにくく働きづらい社会」は何も変わらないだろう。

 そもそも妊娠・出産以外にも、病気や怪我、介護などで休職・離職する可能性を誰もが持っており、もはや、「休むのは迷惑で困る」「時短などではなく長時間会社で働ける人材がベスト」という常識を維持したままでは社会が立ち行かない。馬車馬のような働き方を要求されても労働者が断れる環境であったり、適切な休息をとりながら働くスタイルだったりが、当たり前になっていいはずだ。なにしろ“働き方改革”も絶賛進行中なのだから。

1 2

「桐谷美玲の『ZERO』降板、妊娠や出産は“リスク”なのか?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。