政治・社会

猫カフェ、ずさんな管理で3年半で50頭死亡 今も営業中の異常事態

【この記事のキーワード】
猫カフェ『MOCHA』公式サイトより

猫カフェ『MOCHA』公式サイトより

 27日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、猫カフェ「モカ」の闇を暴いた。「モカ」は、かねてより猫たちのずさんな管理体制がネット上で告発されており、批判を浴びていた。

 猫カフェ「モカ」は池袋や新宿、渋谷など都内を中心に全国で15店舗を構えており、訪日外国人の観光名所としても有名、AKB48らアイドルも訪れる人気店だった。しかし今年7月下旬、モカのスタッフと見られるTwitterユーザーが、「猫パルボウイルスが蔓延しているのに営業を続けている」「この4日間で、猫が4匹も死んだ」と、内部告発を投稿。このツイートは拡散され、ネットでは大きな批判の渦が巻き起こっていた。

 これを受けて8月1日、経営元の株式会社ケイアイコーポレーションは、7月18日に開店したばかりの「モカ」立川店を「一部の猫の体調に深刻なトラブルが発生した」として臨時休業にした。また、8月2日には公式サイトに文章を載せ、関東全店を一時的に休業することを発表した。この文章によると、7 月 26 日深夜、立川店の猫 2 匹の体調に異変がみられたため病院で受診したところ、猫パルボウィルス検査で陽性との診断結果が出ました」と説明がなされ、「お客様のご心配も考えて」との理由で、全店休業にするとある。しかしこの取り繕ったような対応に、「モカ」への批判はさらに紛糾する。同社社長のTwitterは炎上し、8月3日にはアカウントが削除された。また「モカ」は、8月18に銀座マロニエゲートへの出店を予定していたが、この騒動を受けて中止されていた。

 世間を巻き込んだ一連の騒動に対して、「モカ」の誠意ある対応が待たれていた。ところが8月22日には「徹底した安全対策の実施により、全店舗の安全が確認できていることをお約束します」と発表し、関東全店の営業を再開している。

 猫パルボウイルスは糞便を媒介して感染し、その感染力は非常に強い。人間には害がないが、猫にとっては致死率の高い危険な病気だ。「週刊新潮」の記事にコメントを寄せた獣医師は、〈「パルボが出たのに休業しなかったのは、非常に危険です」〉と前おいたうえで、〈「ワクチンさえ打っていれば、基本的には防げるので、“昔の病気”というイメージです。ワクチンを打っていない、極めて劣悪な環境、多頭飼育、などの条件が重なった場合にのみ感染するという認識です」〉と指摘している。「モカ」の猫たちが、どれほど劣悪な環境に置かれていたかが想像できるだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。