エンタメ

HKT48宮脇咲良は韓国へ2年半 AKB48グループがアジア進出を急ぐ理由

【この記事のキーワード】

 

HKT48宮脇咲良は韓国へ2年半 AKB48グループがアジア進出を急ぐ理由の画像1

宮脇咲良Twitterより

 25日、HKT48の宮脇咲良(20)と矢吹奈子(17)、AKB48の本田仁美(16)がAKBグループでの活動を休止することを発表した。今後2年半は、日韓合同のアイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」に専念するという。

 宮脇らの新天地となる「IZ*ONE」は、韓国で放送されているアイドルオーディション番組『PRODUCE48』の合格者から結成されたアイドルグループだ。今年6月からスタートしたこの番組のオーディションには、AKB48グループのメンバーが多数参加しており、た宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3人が合格した。宮脇らが加わる「IZ*ONE」は、残り9名のメンバーは全員が韓国人。多国籍なアイドルグループが誕生した。

 同番組の前身は、『PRODUCE101』という韓国の人気サバイバルオーディション番組で、韓国国内で人気の「I.O.I」や、ボーイズグループ「Wanna One」を輩出している。2018年6月から放送のテレビ番組『PRODUCE48』は、総合プロデューサーの秋元康(60)が韓国側から依頼を受けてスタートした経緯がある。今夏は、宮脇をはじめに多くのAKB48グループのメンバーが韓国にわたっていた。

 『PRODUCE48』では、「練習生」と呼ばれる参加者のパフォーマンスに対し、「国民プロデューサー」と称した視聴者が票を入れる。参加メンバーは順位をつけられて、下位メンバーから脱落していく。宮脇は上位圏内キープし続け、最終的に2位にランクインして、「IZ*ONE」メンバーの座を射止めた。

 25日付の「日刊スポーツ」の記事によれば、宮脇は「この2年半は世界の方に見ていただくチャンス。48グループの名に恥じないようなアイドルになって帰ってきたい」と意気込みを語っている。また矢吹は、「できれば“推し変”せずに」と冗談を交えながら、「応援していただけるとうれしい」と、日本に残していくことになるファンにメッセージを送った。
 
 日本のファンにとっては、2年半もの活動休止は手痛いことだろうが、ネット上には、宮脇らの合格を祝福し、応援するコメントのほか、「韓国まで会いに行くね」「パスポート更新しました」などと、気丈なファンのコメントも見られている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。