エンタメ

吉岡里帆にノンスタ井上が後ろから抱き着き「怖い怖い怖い!やめてー」セクハラ行為に悲鳴続出

【この記事のキーワード】
吉岡里帆Instagramより

吉岡里帆Instagramより

 9月30日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に女優の吉岡里帆(25)がゲスト出演した。吉岡は今会いたい芸人としてフルーツポンチの村上健志(37)の名前を挙げ、村上の他、「かっこつけジャパン」と命名されたトレンディエンジェルの斎藤司(39)、NON STYLE(以下ノンスタ)の井上裕介(38)、狩野英孝(36)の計4人がそろってスタジオに登場し、かっこつけネタを披露した。

 しかし想定外のハプニングがあった。「落ち込む吉岡をかっこよく励ます」という企画に4人それぞれが挑戦したのだが、井上はベンチに座る吉岡に“後ろからいきなり抱き着く”というセクハラ行為を披露。吉岡は「やめてー! 怖い怖い怖い怖い!!」と叫び、すぐに井上を振り払って遠ざかった。スタジオは“笑い”ではなく、“悲鳴”に包まれた。

 井上の行動には、アメリカから来日し同じくゲスト出演していた、ミュージカル女優のキアラ・セトル(42)も呆れ顔。アメリカの芸能界では、日本よりもセクハラへの意識が高く、ましてやテレビでセクハラが行われたことに彼女が呆れるのも当然である。ちなみにキアラは狩野英孝のネタには大爆笑していた。

 今回の騒動で、視聴者のハラスメントへの意識と、芸人・テレビ局の意識に大きな差があることが、改めて浮き彫りとなった。テレビ局は今回のセクハラシーンを“笑い”として平然と放送したが、放送後視聴者からはすぐに、「これセクハラで炎上するんじゃない」といった炎上を予想するコメントが多数上がっていたのだ。その予想通り、現在は“セクハラ問題”として、井上とテレビ局には批判が殺到している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。