KinKi Kidsの年末年始コンサート休演、堂本剛の体調不良にファンは解散まで危惧

【この記事のキーワード】

  その一方で、堂本剛が「ENDRECHERI(エンドリケリー)」名義で行っているソロ活動については、今夏から精力的な活動を見せている。昨年はキャンセルせざるを得なかった「SUMMER SONIC」には、今年8月にリベンジ出演を果たした。ステージでは左耳に綿と耳栓を詰めた上でヘッドホンを装着し、右耳だけで音を聞き取るという尋常ならざる状態で演奏し切ったという。9月には京都・平安神宮で「平安神宮 LIVE 2018」の3日間連続公演を成功させている。

  その病状が心配される堂本剛だが、ENDRECHERIとしての音楽活動は本格的に再開している。そのため、KinKi Kidsの活動のみを制限する状況に、一部のファンはSNS上に、「ずっと続けてきたコンサート中止って……もしかしてってことはないよね?」「2人で一緒の姿が見られなくなるのは悲しい」と、KinKi Kidsの活動を心配する声が上がっている。

  KinKi Kidsファンに広がる心配の背景には、ジャニーズ事務所が激動期に入っていることがあるだろう。今年4月には関ジャニ∞として活動していた渋谷すばる(37)がグループ脱退を表明、今年いっぱいで退所することを発表している。また、9月にはタッキー&翼が解散を発表しており、滝沢秀明(36)は裏方の道へ、今井翼(36)は事務所退所と袂を分かっている。同年代のメンバーが続々と進退を決めている状況だけに、KinKi Kidsの去就についても肝を冷やしたファンが多かったのだろう。

  恒例コンサートの休演発表がファンの心配を招いてしまったKinKi Kids。ファンが待望する2人の並んだ姿は、来年以降に持ち越しかも知れない。

(今いくわ)

1 2

「KinKi Kidsの年末年始コンサート休演、堂本剛の体調不良にファンは解散まで危惧」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。