島崎和歌子の司会術を堪能できる『オールスター感謝祭』27年の歴史

【この記事のキーワード】

 タレントのモト冬樹(67)は、今年4月に「島崎和歌子ってすごいね」というタイトルでブログを更新。舞台出演に当たって贈られたという祝花の写真をアップし、〈四年続けて同じ舞台をやってるとさすがに友達からはなくなってくる でも島崎和歌子だけは必ず贈ってくれるんだよなぁ 和歌子の気遣いって本当に頭が下がる いつもありがとうね。〉と、感謝のコメントを残している。

 また、お笑いタレントの土田晃之(46)も、『テレビじゃ教えてくれない! 業界裏教科書』(AbemaTV)に出演した際に、島崎和歌子を「伝説級のバラドル」として紹介。島崎和歌子の往年の美貌を讃えたうえで、その人柄についても〈大御所との絡みが上手い!〉〈上下関係がわかっていて、先輩を立てます。そういうところの匙加減が上手で、礼儀もしっかりしています〉と熱弁。島崎和歌子の〈愛される人間力〉の高さを指摘していた。

 毎回、熱いドラマが繰り広げられて話題となる『オールスター感謝祭』。豪華芸能人にばかり注目が集まり、司会の存在が目立つことは少ない。しかし今年は少し趣向を変えて、島崎和歌子に注目してみてはいかがだろうか。

(ボンゾ)

1 2

「島崎和歌子の司会術を堪能できる『オールスター感謝祭』27年の歴史」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。