退職・転職で執拗な引き止め工作 「退職代行サービス」が流行る理由

【この記事のキーワード】

 気が弱く心優しい人は、強引な引き止めを毅然と断ることもできず、思い悩んでしまうだろう。これだけ企業がすんなり辞めさせてくれないとなると、「退職代行サービス」が流行るのも頷ける。

 マイナビニュースの調査では、81.3%のビジネスパーソンが「今までに転職を考えたことがある」と回答している。転職への意識が非常に高まっている昨今、退職に手間取ってしまうのは、転職への意欲を削いでしまい、可能性を閉ざしてしまうことに繋がりかねない。退社を伝えても一向に取り合ってくれない場合は、退社代行サービスを利用することも勧めたい。

1 2

「退職・転職で執拗な引き止め工作 「退職代行サービス」が流行る理由」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。