エンタメ

TBS宇垣美里アナはマスコミにとって「変な女」「気が強くて干された」

【この記事のキーワード】

正論で戦おうとしても「気の強い女」扱いされる

 また、自分の意見を言う宇垣アナは、「変な人」扱いだけでなく、「気の強い女(=気性の荒い女)」扱いもされている。それによって彼女が「干された」、つまり閑職に追いやられたと見る向きさえある。代表的なのは、ジャニーズタレントとの交際を報じられてから、出演していた朝の帯番組を降板することになった際、「どうして私が降板しなきゃならないんですか!」とディレクターに詰め寄り紙コップのコーヒーを投げつけた……というエピソードだ。これは週刊誌が報じたものだが、多くのネットニュースが引用している。

 もし仮にこのエピソードが事実だとしても、私には彼女が「気性の荒い女」だとは思えない。自分のプライベートの恋愛事情を勝手に広められて、相手のファンにはバッシングされて、そのうえ仕事も減らされるなんて、理不尽極まりない。一体何の罰だというのだろう。「どうして私が降板しなきゃならないんですか!」と詰め寄るのは当たり前だと思う。それともジャニーズタレントと恋愛をしたうえスッパ抜かれた自分が悪い、会社に迷惑をかけて申し訳ない……なんて謝罪しなければならないのか。どう考えてもおかしい。

 古くから続くテレビやスポーツ新聞、週刊誌などのマスコミは、疑問に思わないのだろうか。もちろん組織として大きいがゆえに、仕方のない側面もあるのかもしれない。決定権を持つ人物が「宇垣ちゃんは変わり者だなあ」と言うような人だったら、それは仕方ないのだろう。

 けれど冷静に考えて見てほしい。宇垣アナが「変な」ことを言っていたことはあるんだろうか。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。