政治・社会

小川彩佳アナに対するテレ朝男性アナの評価が気持ち悪い! その空気の香りを嗅いで…

【この記事のキーワード】
テレビ朝日オフィシャルサイトより

テレビ朝日オフィシャルサイトより

 10月からの改編人事により、7年半サブキャスターを務めてきた小川彩佳アナウンサーが降板し、徳永有美アナウンサーが13年ぶりの復帰を果たした『報道ステーション』(テレビ朝日系)。しかし、その反応は決して良くはないようだ。

 10月1日〜10月5日の週で一番数字の良かった10月5日放送回でも平均視聴率11.5%(ビデオリサーチ調べ)と、『報道ステーション』はリニューアル後も視聴率低迷から抜け出せていない。さらにネットでは、小川彩佳アナウンサーの不在により放送内容に不満を漏らす声も多く聞かれるようになっている。

 「週刊文春」(文藝春秋)2018年10月11日号の記事では、小川アナの知人の弁として<番組降板の発表後、視聴者から『小川さんを辞めさせないで』というメールや投書が殺到したのです。それを知った小川アナは自信を深めているようです>という証言が掲載されているが、実際、ツイッターには<小川アナ辞めちゃってなんかもう全然締まりがなくなってつまんない><報道ステーションは小川アナから徳永アナに変わりジャーナリズム色が薄まった>といった書き込みが散見され、そういった背景を踏まえると、テレビ朝日に対して小川アナ降板の人事案撤回を求めるメールや投書が届いたというのも事実なのだろう。

 wezzyでも何度か伝えているが(小川彩佳アナ『報道ステーション』降板の唖然とする理由。テレビ朝日の矜持はどこへ?)、多くのニュース番組が権力に忖度する報道を日常的に行うようになってしまって以降も、小川アナはカメラの前で、安倍政権や、時には、テレビ朝日上層部にも手厳しい意見を語り続けてきた。

 『報道ステーション』の視聴者はそんな小川アナの姿勢を高く買っていたからこそ、サブキャスター留任を求めていたわけだが、その決定は覆らず、10月2日からはAbemaTVで放送されている報道番組『AbemaPrime』のMCを担当している。

テレ朝上層部は小川彩佳アナをどう評価してきたか

 『AbemaPrime』では、「新潮45」(新潮社)に掲載された差別的な論文に抗議するデモに取材するなど、社会的な問題について扱う場面もあるのだが、それと同時にバラエティ的なコーナーもあり、小川アナはフォーリンラブのバービーと共に「イエス、フォーリンラブ」のキメ台詞を披露するなどしている。

 『報道ステーション』時代には決して見られなかったリラックスした表情で番組に出演する様子を喜ぶ視聴者もいる一方、いまのテレビ業界では稀有な存在となってしまった気骨あるキャスターの立ち位置としてこのポジションが妥当なものなのかは疑問が残る。やはり、テレビ朝日の看板報道番組である『報道ステーション』キャスターの位置が相応しいのではないか。

 テレビ朝日の上層部は、小川アナの存在が『報道ステーション』視聴者に高く評価されていたことをどのように認識しているのだろうか?

 そんな疑問を抱かずにはいられないホームページがある。テレビ朝日アナウンス部の公式サイト「アナウンサーズ」がそれだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。