エンタメ

『下町ロケット』が描く、中小企業の夢と底力

【この記事のキーワード】
『下町ロケット』が描く、中小企業の夢と底力の画像1

『下町ロケット』公式サイトより

 10月14日から、新ドラマ『下町ロケット』(TBS系)がスタートする。2015年に平均視聴率18.6%という大ヒットを記録した同ドラマの続編で、主演の阿部寛(54)をはじめ、土屋太鳳(23)、竹内涼真(25)、真矢ミキ(54)、安田顕(44)らが続投する。前作が2015年を代表する大ヒットドラマだったことから今作も期待が高く、放送前から話題性はバツグンだ。

 2015年放送の『下町ロケット』は、池井戸潤(55)の同名小説、及びシリーズ第2弾『下町ロケット ガウディ計画』(小学館)を原作にしたドラマだった。阿部寛が演じる主人公・佃航平は、元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」の経営者として第二の人生を送っている。佃は宇宙への忘れられない思いを抱いていたが、やがて大型ロケットを飛ばすために必要な「バルブシステム」や、人工心臓弁「ガウディ」の開発に取り組み出す。主人公が一度は諦めかけた夢をひたむきに追いかける姿が共感を得て、中高年男性が珍しく夢中になれるドラマとして話題になった。また、「佃製作所」が困難を乗り越えながらプロジェクトを成功させていくところは、中小企業の底力を描いているとして熱い支持を呼び、最終回の視聴率は22.3%を記録。2015年、最も多くの視聴者の熱狂を誘ったドラマだった。

 ちなみに、佃の一人娘・利菜を演じた土屋太鳳は当時、朝ドラ『まれ』(NHK)のヒロインを演じて人気に火が点いたばかり。また、佃製作所の若手エース・立花洋平役を演じた竹内涼真はブレイク前夜の若手俳優として出演していた。3年間の時の流れを感じる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。