安くて1回で済むワクチンと、高くて2回必要なワクチンどちらを選びますか? 5回目のワクチンを打とう

【この記事のキーワード】

安くて1回で済むワクチンと、高くて2回必要なワクチンどちらを選びますか? 5回目のワクチンを打とうの画像3

私「5-6歳で追加接種するために、4種混合ワクチンの治験をしたらいいんじゃないですか? そのほうが患者さんの負担が減りませんか?」
製薬会社の人「弊社は今、5種混合ワクチン(4種混合+ヒブ)の申請を進めていまして、そちらを先にしたく……」
私「じゃあ、5種混合を5-6歳で治験をしたらいいんじゃないですか? ラインを分けるコストとベネフィットを考えたらヒブワクチンの5回目を打って悪いことはないし」
製薬会社の人「その後には6種混合が控えていまして……治験というのは相当の金額がかかるんです」

 とのことでした。果たしてこんなことで、ワクチン接種率は上がるでしょうか? 今、特別に必要性を感じていない人に、お金をかけて何度もワクチンを打ってもらうことは相当難しいと思います。まして、子どもは回数が多いほど痛いから嫌がります。喜んで受けさせる親御さんが、いるでしょうか?

 どこの先進国も途上国も、医療政策の費用対効果にシビアです。HPVワクチンいわゆる子宮頸がんワクチンは9価ができればそれを使用し、3回接種でなく2回で十分な効果があるという調査研究があれば、すぐに推奨する接種回数が減ります。ワクチンの購入代金も保管場所も3分の2で済むからです。一方、なににつけ対応が遅くなりがちなのが日本です。日本では、2価と4価のHPVワクチンしか認可されておらず、製薬会社が9価を申請しても許可が降りません。3回接種のままで変更もなく、積極的勧奨もストップしたまま。HPVワクチン接種回数を減らすことも、不活化ポリオワクチンを増やすことも世界の潮流から外れていきます。厚労省はぜひ、国民を守る医療ために有効な方法をとってほしいです。

イベントのお知らせ

安くて1回で済むワクチンと、高くて2回必要なワクチンどちらを選びますか? 5回目のワクチンを打とうの画像4

ここが変だよ「反ワクチン」徹底分析!

【出演】
鈴木エイト(やや日刊カルト新聞主筆)
久住英二(ナビタスクリニック理事長)
ナカイサヤカ(翻訳家)
森戸やすみ(さくらが丘小児科クリニック)

———————————–
Naked Loft でのイベントに出演します。
11月14日 18時オープン、19時開始
「ワクチン同時接種反対!」「混合ワクチン反対!」「子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)反対!」「あらゆるワクチンに反対!」エビデンス無き反ワクチン思想が蔓延する現代社会。このままでは防げる病気が防げない。危険な「反ワクチン」の問題点、そして著名人が嵌まり亡くなる事例が多発している 癌治療における民間療法やインチキ医療を各分野の専門家が徹底解説&一刀両断!

出演は、反ワクチン問題の取材を続けるジャーナリスト・鈴木エイト、医療の問題点を最前線から情報発信し、反ワクチン勢力と闘う医師・久住英二氏、反ワクチン・代替療法の問題点を突く翻訳家・ナカイサヤカ氏、医療と育児をつなぐ情報発信を続ける小児科専門医・森戸やすみ氏。

テレビやネットの情報でワクチンを怖く感じてる方、小さなお子さんを育てている方、これから親になる予定の方は特に聞いてほしい!!
もちろん質問の時間も用意してますので、是非気になる事を専門家の先生方から直接聞いて下さい
———————————–

詳しくは→ https://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/99038

1 2

「安くて1回で済むワクチンと、高くて2回必要なワクチンどちらを選びますか? 5回目のワクチンを打とう」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。