エンタメ

『獣になれない私たち』はスカッと仕様になっていく? 視聴者がモヤモヤした新垣結衣の扱い

【この記事のキーワード】
『獣になれない私たち』はスカッと仕様になっていく? 視聴者がモヤモヤした新垣結衣の扱いの画像1

日本テレビ『獣になれない私たち』 オフィシャルサイトより

 10月10日に『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第1話が放送された。同作はハラスメントや結婚など“現代人のリアル”を描いた作品で、脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)や『アンナチュラル』(TBS系)などを担当した野木亜紀子が手掛ける。

 物語の主人公・深海晶(新垣結衣/30)は、ECサイト制作会社「ツクモ・クリエイト・ジャパン(TCJ)」に勤める営業アシスタント。人柄もよく仕事も完璧にこなす彼女だが、それは彼女の身を削る努力の上で成り立っていた。

担当者から仕事を押し付けられ、過労死寸前の主人公

 晶は営業アシスタントでありながらも、社長の九十九(山内圭哉/46)に四六時中振り回され、営業担当者でありながらも仕事を満足にこなせない同僚の上野(犬飼貴丈/24)や松任谷(伊藤沙莉/24)のしわ寄せまで回ってくる毎日だ。

 同僚がクレームを引き起こせば晶が頭を下げて夜遅くまで処理にとりかかることになるが、誰からも感謝されなければ褒められもせず、謝罪電話を入れた取引先の相手からはセクハラを受ける。これでもかというほど気の毒な役回りに、視聴しながら胸が痛くなった人も多いだろう。

 晶は私生活でも報われない。彼氏の花井京谷(田中圭/34)とは、同棲する約束をしてからもうすぐ4年が経とうとしているが、彼の家には仕事を無くした元カノが転がり込んでいる。おまけに唯一の癒しであるバー「5tap」では、同じく常連の根元恒星(松田龍平/35)から「顔は綺麗だけど笑顔がきもい」と衝撃的な陰口を叩かれる始末。

 晶の身と心はすり減っていき、無意識に線路へ飛び込もうとするまで追い詰められてしまう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。