エンタメ

『中学聖日記』酷評で有村架純のメンタルを心配する声

【この記事のキーワード】
arimura1016t

有村架純Instagramより

 今月9日、有村架純(25)主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系)の第1話が放送された。『中学聖日記』はかわかみじゅんこの同タイトルの人気漫画が原作で、中学生と女教師の純愛というセンセーショナルなストーリーに、ドラマ放送前から賛否両論の話題作だった。

 有村架純はちょうど主演映画公開のタイミングとドラマ放送スタートが重なり、宣伝でのテレビ露出は非常に多かった。そのため少なくとも初回は注目度が高いと思われたが、しかし、蓋を開けてみると1話の平均視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。

 同クールドラマの1話の視聴率を見てみると、『獣になれない私たち』(日本テレビ系)11.5%、『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)14.2%、『下町ロケット』(第2シリーズ/TBS系)13.9%、『リーガルV』15.0%(テレビ朝日系)、『大恋愛~僕を忘れる君と』10.4%(TBS系)、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』11.8%(日本テレビ系)、『今日から俺は!!』9.8%(同)、であり、『中学聖日記』の初回視聴率は著しく低い結果となった。ナイトドラマ枠(23時台放送)の『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)も6.6%で『中学聖日記』よりは高い数字だ。

有村架純は役に合っているが…

 有村が民放連続ドラマの主演を務めるのは今回が3回目。初めて主演を務めた作品は、2016年1~3月放送の月9枠『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)だ。脚本は『Mother』(日本テレビ系)や『最高の離婚』(フジテレビ系)の坂元裕二で、根強い坂元ファンが支持。しかし内容の重さから「視聴を続けるのがしんどい」と離れてしまった視聴者が少なくなく、全10話の平均視聴率は9.7%と当時の月9枠でも低かった。

 『いつかこの恋を~』では、パワハラやセクハラに悩む介護士。『中学聖日記』では教え子の中学生男子と禁断の恋に落ちてしまう教諭。いずれの役も有村に合っていないわけではないが、視聴者の見たい有村架純像とは異なるのかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。