エンタメ

小泉今日子は「盲目不倫」で変貌!? イライラタバコや掃除婦ぶりに違和感

【この記事のキーワード】
小泉今日子の「盲目不倫」による変貌、全部に違和感!の画像1

『Kyon30~なんてったって30年!』

 しばらく表舞台から姿を消すことを宣言したにも関わらず、相も変わらずこの人の一挙一動は騒がれてしまうようだ。キョンキョンこと、小泉今日子(52)。今年2月に俳優の豊原功補(52)と不倫交際宣言、6月には女優休業宣言をした彼女だが、その理由について「しばらくは舞台の制作などプロデューサー業に力を入れ、良い作品を世に送り出したいと思っております」と自身が代表を務める制作会社「明後日」の公式サイトで明言している。

 さて10月16日発売の「女性自身」(光文社)と「週刊女性」(主婦と生活社)が、両誌揃って小泉の近況を伝えている。「女性自身」のタイトルは「『彼のため(ハート)』女優を捨てて!掃除係でモップ掛け!」。「週刊女性」は「小泉今日子、裏方業に徹し “彼” を全力サポートするも増える『タバコの量』」のタイトルだ。

小泉今日子も老眼鏡くらいかける

 「女性自身」は10月8日千秋楽を迎えた小泉プロデュース、そして豊原が演出の舞台『またここか』(脚本・坂元裕二)で観客の送り出しをする小泉と豊原のツーショット写真や、終演後の小泉の写真などを掲載。記事によると、役者たちが帰ったあと、小泉はひとりモクモクと稽古場のモップ掛けをしていた。周囲の人間が手伝おうとしても「私の仕事だから」と小泉はこれを断っていた、とのことだ。……ってこれ、何が問題だろう。小泉が稽古場にモップを掛けるのは、別に男(豊原)を愛してるからというワケでもなかろうに、と思えてしまう。男を、というよりは自分の会社がプロデュースを行う大切な舞台を愛するがゆえの小泉の自主的な行動なのではないだろうか。

 それよりなにより筆者が記事を読んで「この書き方って……」とどうしても引っかかってしまうのは、なぜかやたらと小泉がこの舞台の準備中やロビーで老眼鏡をいつも手放さなかったとの記述だ。

 ご丁寧にも豊原と並んだツーショット写真のキャプションにまで「小泉の首には老眼鏡が」とあるのだが、これは老眼鏡が必要なほどの年老いた女が恋に走ったことを嘲笑したいがための一文なのだろうか。それともかつてのビッグアイドルももはや老眼鏡が必要で、見る影もない、と言いたいのか。どちらにしろ、老眼は誰にでも訪れる自然な体の老化である。みんなが、そうなるのだ。記事の内容云々より、やたらと老眼鏡を強調して、それを笑うような一文はなんだか違和感を覚えてしまう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。