エンタメ

『大恋愛~僕を忘れる君と』ヒロイン戸田恵梨香が結婚を控えているのにムロと一夜を過ごす衝撃の展開

【この記事のキーワード】
TBS『大恋愛~僕を忘れる君と』 オフィシャルサイトより

TBS『大恋愛~僕を忘れる君と』 オフィシャルサイトより

 戸田恵梨香(30)とムロツヨシ(42)がメインキャストを務めるドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が、初回視聴率で二桁(10.4%/ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好調だ。若年性アルツハイマーにおかされた女医と、彼女を健気に支える元小説家の10年にわたる大恋愛物語だが、ただの“お涙頂戴難病もの”ではなさそうだ。

 10月12日に放送された第1話は、ふたりの奇跡的な邂逅から始まった。レディースクリニックの医師・北澤尚(戸田恵梨香)は、ワシントンに住む精神科医・井原侑市(松岡昌宏)との結婚式を1カ月後に控えている。そんな中、尚は引っ越し作業で訪れた無愛想なアルバイト・間宮真司(ムロツヨシ)と出会う。間宮は尚が大切にしている小説の作者だという偶然が起きるものの、間宮はその事実を伏せたため、彼女が気づくことはなかった。

 その後、尚の部屋で起きた水漏れ被害をたまたま間宮が解決したことで、尚はお礼を兼ねて間宮とともに居酒屋へ。尚は間宮に居心地の良さを感じ、次の食事に誘うが、間宮は彼女が結婚間近であることを理由に距離を保とうとしていた。それでも尚は強引に食事の予定を取りつけ、間宮は積極的なアプローチに根を上げるかたちで自分が小説の作者であることを告白。2人は急速に仲を深めていき、尚は間宮との出会いに運命を感じ取る。

 ……って、婚約者は!? と盛大にツッコミたいところだが、 間宮と一夜を過ごした尚は「私、結婚やめる」と宣言。尚はそもそもこの結婚に疑問を感じていたようだ。というのも、尚と井原は打算的に結婚を決めた間柄だったから。打算の結婚より、運命の恋というわけである。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。