エンタメ

中村倫也を弟・松坂桃李、菅田将暉が「リスペクトしかない先輩」と崇める理由

【この記事のキーワード】
(完成してます)中村倫也を弟・松坂桃李、菅田将暉が「リスペクトしかない先輩」と崇める理由の画像1

「プラスアクト」(ワニブックス)2018年10月号

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演でいよいよお茶の間でのブレイクを果たした中村倫也。現在は『ドロ刑-警視庁捜査三課-』(日本テレビ)で、プライドの高い捜査一課出身の元エリート刑事役を演じている。

 そんな中村倫也が、10月15日深夜放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演した。中村倫也と菅田将暉は同じ芸能事務所・トップコートに所属する先輩後輩の間柄である。

 『菅田将暉のオールナイトニッポン』にトップコート所属の俳優が出演するのには前例がある。特に、松坂桃李はこれまで複数回、彼のラジオに出演してきた。

 wezzyでも以前、『菅田将暉のオールナイトニッポン』にゲスト出演した松坂桃李のハチャメチャな言動を記事にまとめたことがある(菅田将暉、松坂桃李、中村倫也の“トップコート三兄弟”パワハラギリギリの関係性)。

 松坂桃李はこれまで3回『菅田将暉のオールナイトニッポン』にゲスト出演している。しかし、映画の宣伝で来ているはずなのにまともに映画の話はせず(1度は呼ばれてもいないのに勝手に来た)、どころか、告知まで菅田にやらせて、自分はハマっているゲームアプリ『遊戯王デュエルリンクス』の話をひたすらして帰っていくのが定番だった。

 その傍若無人な振る舞いはリスナーから大変な評判を呼び、回を増すごとに松坂桃李の出演を喜ぶメールが番組に届くようになった。また、菅田将暉も自由奔放過ぎる先輩の振る舞いに困惑しつつも、そのやり取りを楽しんでいるようだったが、そんな松坂桃李と比して、中村倫也はまさに「大人」なトークを展開した。

常に事務所の後輩たちを気にかけている中村倫也

 番組が始まるとまず、中村倫也は<『ありがとう』と言いたい。菅田には。ウチの厄介な後輩、キング(筆者注:『遊戯王デュエルリンクス』に由来する松坂桃李のあだ名)にあそこまで楽しそうに話す場をつくってくれてね><勘違いだったら申し訳ないけど、(松坂桃李は)たぶんトップコートで一番ストレスの発散が下手なヤツだから>と、これまでの松坂桃李ゲスト回についてお礼を言う。

 菅田将暉はトップコートの社長にも、<桃李があんな楽しそうな姿初めて見たよ。ありがとうね。なんかよかった>と、同じことを言われていたそうで、その場にはいない先輩に対して<なにを心配されてんねん>とツッコミを入れていた。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。