連載

ジャニーズWEST小瀧望が「あっという間にキンプリに抜かれた」と自虐

【この記事のキーワード】

相葉雅紀が大倉忠義を叱った理由

 昔、相葉くん主演のドラマ『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)で関ジャニ∞の大倉忠義くんと共演した時は、大倉くんとの芝居はすごくよかったんだけど、大倉くんの誕生日の時のこと。大倉くんの取材態度があまりにクールだったから相葉くんが驚いて、「まさかいつもこんな感じじゃないよな?  大倉の誕生日だから皆さんが取材に来てくださっているのに、お前マジかよ。ダメだよ、そんなの。俺たちだって、先輩たちだって絶対そんな事しない。その態度1つで先輩たちが笑われちゃうんだよ」と叱ったの。

 おまけに相葉くんが代わりに取材陣に「本当にごめんなさい。大倉には後でよく言っておくんでどうか許してください」と謝って、共演者の大御所俳優さんが「相葉くんってやっぱり凄いね。あんなに人気があるのに腰が低くて。後輩のために自ら頭を下げるなんて、なかなか出来ないことだよ」って関心していたもの。

 そうやって考えると、相性もあるのかもしれないけど、今回はとっても平和でね。元々がポジティブなノンちゃんだからなのか「僕が演じる堀川というキャラは熱くてウザイ。どうにも画面を邪魔しちゃうですよ。僕がいなければもっとホッとする癒し系のドラマになったと思いますが、一週間の皆さんのストレスのはけ口になれば」なんて言って笑わせてくれるの。

 さらに相葉くんが共演者のイッセー尾形さんと村上淳さんの「この2人のアドリブが凄いんですよ。面白くて勉強にはなりましたけど、本当に大変でした。僕の他に被害者はいませんか?」と問うと、「はーい、僕なんかしどろもどろでしたよ」とノンちゃんが手を挙げたり。漫才コンビのようなかけあいが。

 しかもそれだけじゃなくてノンちゃんが「手術のシーンがあって、相葉くんは緑のシュッとした手術着ですごくスムーズな手つきで手術を進めていて」と言えば、相葉くんが「お前、手術シーンでなんかしてたっけ?」と聞き、「僕は獣医を目指す学生役ですからデータを見たりするだけで、何もしてませんけど。極めつけは僕だけ学生なので、手術着じゃなくてシャワーキャップみたいなのを被ってるんですよ~」としょんぼり。

 するとすかさず相葉くんから「あれはシャワーキャップじゃないから」とツッコまれ、「でもそういう姿でいても小瀧は顔が濃いから存在感は半端ない」そうで、こんな楽しいやりとりがずっと続くわけ。いいでしょ?

 ロケ地となった神楽坂もノンちゃんは「この撮影で初めてきました。大人の街ですね。これからプライベートでも遊びに来たい」と大絶賛。相葉くんも「ガラス張りの神社があるなんて知らなかった。オシャレなカフェも多いし素敵な所。僕もこれからまた神楽坂にと思ってます」とまたまた息ぴったり。相葉くんが作ったという全スタッフの名前入りスタッフジャンパーを着た人たちも「あの2人はいるだけで面白い。スタッフみんなの心を明るくしてくれるし、優しい気遣いのおかげで疲れなんか吹っ飛んじゃうよ。また絶対に一緒に仕事がしたい」って褒めてたわ。

 2話からは噂のノンちゃんも出演して、見応えたっぷりの癒し系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』。撮影合間の楽しいやりとり、仲の良さが画面にも所々、反映されているので期待して見て欲しいなぁ。相葉くんファンの皆さん、後輩・小瀧望くんのこともどうぞ応援してあげてください。なかなかの味、出してますので。金曜夜は『相葉くんとノンちゃんと動物たち』で決まり。ぜひぜひご覧くださいませ~!

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。