政治・社会

東京五輪の経費は3兆円、どこにお金が流れていくのか 医療スタッフへの報酬は支払わず…

【この記事のキーワード】
tokyo1019

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会公式サイトより

 10月15日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会が、〈大会中に競技会場などで活動する責任者以外の医師、看護師らの医療スタッフに、一部を除いて組織委が報酬を支払わない方針〉を明らかにした。

 共同通信によると、組識委は、〈大学病院などの医療機関や、地域の医師会などの関係団体に協力を求め、要員の確保に努める〉とのことで、宮本哲也医療サービス部長は〈必要な人数については調整中〉、確保の見通しについては「病院の職務の一環として引き受けていただけるところや、職員の方でお気持ちのある方に来ていただくというのもある」と説明したという。いわゆるボランティアだ。

 また、組織委の計画では〈会場の収容人員1万人当たり、観客用の救護所を1カ所設置し、医師2人、看護師4人を配置。選手用医務室にも医師、歯科医師、看護師、理学療法士らを配置〉〈選手村の総合診療所や練習会場、国際オリンピック委員会(IOC)のホテルなどにも医療スタッフが必要〉とのこと。

 国際的な総合競技大会である東京五輪・パラリンピックに医療体制は必須だが、医療スタッフをボランティア、もっといえばただ働きに依存しようとするその姿勢には、首を傾げざるを得ない。大会に何らかの形で「スタッフ」として携わる以上、一定の責任が課され、時間も拘束されるというのに、可能な限り「ボランティア」に頼る、というのは健全ではないだろう。

1 2

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。