エンタメ

BUMP OF CHICKENが地上波テレビにほとんど出ない理由「曲のアイデンティティーが最優先」

【この記事のキーワード】
BUMP OF CHICKEN公式Instagramより

BUMP OF CHICKEN公式Instagramより

 人気ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」が、1019日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。4年ぶり2度目の『Mステ』出演で、同日公開の映画『億男』の主題歌「話がしたいよ」を披露する。映画主演の佐藤健(29)と高橋一生(37)もゲスト登場し、パフォーマンスを盛り上げるという。

 BUMP OF CHICKENといえば、2001年にリリースした3rdシングル『天体観測』をキッカケにその名を全国区に轟かせた。2000年のメジャーデビューから数々の名曲を生み出し、人気を維持しながら現在も勢力的な活動を続けている。

 20179月から今年の3月かけては、バンド史上最多の29公演となる全国ツアー『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA』をやりとげている。

 今年でメジャーデビュー18年目のBUMP OF CHICKENだが、『ミュージックステーション』への出演は、じつは4年ぶり、しかもたったの2回目だ。

 もともと彼らはテレビでパフォーマンスすることがなく、前回出演時に披露した『虹を待つ人』と『ray』の2曲が、地上波での初演奏だった。ライブではスタジアムやドームを満員御礼にするほどの人気バンドにも関わらず、メディア出演が極端に少ないのは、彼らのポリシーが大きく関係している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。