エンタメ

沢田研二の公演ドタキャン、なぜ予想できなかったのか

【この記事のキーワード】
『ROYAL STRAIGHT FLUSH』

『ROYAL STRAIGHT FLUSH』

 歌手の沢田研二(70)、通称ジュリーは17日、さいたまスーパーアリーナで開催される予定だった公演を急遽中止した。公演は午後5時から開演予定だったが、中止が発表されたのはその1時間前である午後4時ごろで、会場入り口には手書きで「本日の公演は契約上の問題が発生した為中止とさせていただきます」と書かれた紙が貼られており、主催者側も混乱した状況であったことがうかがえる。

 その翌日、沢田は横浜市内で報道陣の取材に応じ、公演中止の理由は「事前に所属事務所とイベンターから観客数が9000人と聞いていたが実際は7000人で、自身が求める満員にほど遠かったため」であり、最終的に自身の判断で中止を決定したと説明した。

 また、「僕にさいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。本当に申し訳なく思ってます」と謝罪の念を述べながらも、「お客さんは<来てんねんから、やれよ>と言うのは分かる。甘いけど、僕はお客さんを信じてる。今回はお客さんに甘えさせてもらい、僕の意地を通させてもらいました」とファンへの理解を促していた。

なお、事務所とイベンターに開催を懇願された沢田は、「僕が帰らないと収まらないなら」と、予定されていた開演時刻よりも前の午後3時45分くらいには、会場を後にしていたという。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。