野村周平が“炎上俳優”として燃えまくるのは挑発的な態度のせい?

【この記事のキーワード】

意見を曲げない“自分のスタイル”を貫く

 一体どうして野村周平は、炎上を繰り返してしまうのだろうか。ひょっとしたら原因は、彼の“真っすぐさ”にあるのかもしれない。以前、彼は「Yahoo!ニュース」によるインタビュー記事で、<この仕事、全員が向いていると言えば、向いていると思うんです。自分のやり方、スタイルに合うものさえ見つかれば。ただ、それが難しいんだとは思いますけど><マネではなく、自分のやり方、スタイルを求める。それしかないんだろうなと思うようになった>と語っている。

 “若手俳優”という立場であれば、一度の炎上で今後の仕事に影響がでる可能性も無きにしも非ず。SNSの取り扱いには慎重になるのが普通だろう。しかし、野村は“自分のスタイル”のである、「意見を曲げない」ことを貫くため、“炎上”しやすい。

 また、大手事務所に所属してテレビなどで活躍する芸能人は、何か軽率な発言で“炎上”したときに反論せず、とりあえず謝罪して終わりにするケースが通例。無駄な騒ぎでイメージダウンさせたくないという意図がそこにある。しかし、本意が伝わらなかっただけだったり、誤解で批判を受けることもあるはずで、そうしたときに丁寧に伝えたくとも「これ以上何も言うな」と制されて歯がゆい思いをするタレントもいるだろう。

 しかし野村周平に関しては、SNSでの発言はおそらく自由に許可されている。時に挑発的な態度をとるタイプであり、火に油を注ぐような発言をしがちな野村だが、言葉足らずゆえの炎上も少なくはないはずなので、次に何か“炎上”した際は、長文で真意を説明するなどしてみてはどうだろうか

(ボンゾ)

1 2

「野村周平が“炎上俳優”として燃えまくるのは挑発的な態度のせい?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。