過激ユーチューバーの「ブス判定動画」炎上でも支持・擁護するファンたち

【この記事のキーワード】

 前出『第1回 振り返りブスババ抜きゲーム!!!』の動画コメント欄には、へきトラハウスを擁護するものも多い。

<ヘキトラの味方じゃないけど、はっきり言ってこう言うのがヘキトラの良さでもあり面白い要素だと思う>
<え、これ否定してる人ヘキトラ知ってるん??>
<ヘキトラいつもこんな感じなのにな~でも、みんな優しくていい人そうだけれどな。いい人だからといってもしていいことと悪いことがあるとは言われそうw>
<にわか便乗厨が適当に叩くせいで、今のYouTubeは過激派が減ってきている。規制も増えてきて、まるでテレビのようにつまらなくなってきている>

 何を面白いと思うかはそれぞれだが、こうした動画を「面白い」と受け止めること自体を規制することは出来ない。ラファエルや禁断ボーイズ、レペゼン地球など“過激系”に括られるユーチューバーたちが一定の人気を獲得していることからも、それは明らかだろう。

 ユーチューバーも彼らをマネジメントする事務所も、せめてその影響力に自覚的であってほしい。といっても彼らは、自分たちは差別をしているつもりなどなく、頭の固い連中が盲目的に批判しているだけで、ファンは楽しんでくれているから問題ない……判断するだろうと私は思っている。自分たちが誰かを踏みつける自覚はなく、上品なルールを押し付けられて自由を踏みにじられる被害者だという意識さえ生まれるかもしれない。そして世の中がつまらなくなっていく、と。テレビ芸人がまさにその思考でネット番組に移行している現実もある。対話の難しさを痛感する次第だ。

 ヒカキンやヒカキンの所属するUUUMのように、コンプライアンスを重視して動画配信の未来を切り拓こうとしている人たちもいる。少なくとも“過激ユーチューバー”は、動画クリエイターのイメージそのものを貶めていることにまず気付いて欲しい。

1 2 3 4 5

「過激ユーチューバーの「ブス判定動画」炎上でも支持・擁護するファンたち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。