政治・社会

ミスター東大・稲井大輝が強制性交容疑で逮捕 “日本一チャラい大学生”“モテ男”を自称していた

【この記事のキーワード】
inai1024

Thinkstock/Photo by SAKDAWUT14

 今月23日、警視庁新宿署が強制性交容疑で「ミスター東大コンテスト2014年」に出場した経験のある稲井大耀被告(24)を逮捕・起訴していたことがわかった。

 稲井被告は先月15日、新宿区の自宅タワーマンションにて、30代の女性に乱暴をはたらいたとみられている。

 稲井被告は同日に逮捕され、今月5日に検察が起訴。現在は釈放されているが、本人は「覚えていない」と容疑を否認しているという。なお、逮捕当時も東京大学経済学部に所属していたようだ。

“日本一チャラい東大生”としてテレビ番組にも出演

 稲井被告は、2014年に開催された「ミスター東大コンテスト」に出場し、ファイナリストに残った経歴がある。また、“日本一チャラい東大生”を謳い文句にタレントめいた活動もしており、AbemaTVの『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』などに出演。趣味は“ナンパ”や“女遊び”と公言していた。

 同じくAbemaTVの番組『チャンスの時間』に出演した際には、「今までに声をかけた人数は」と番組から質問されると、「1万人くらい」と返答し、「あなたにとってナンパとは」という質問には「ゲーム」と回答。また他の番組では、「モテすぎて女性を選べない」といった悩みを打ち明けていたこともあるほど、自称“モテ男”だった。

 ナンパを“ゲーム”と回答している様子をみると、ナンパの手口を指導する「リアルナンパアカデミー」の塾長と塾生が先月、準強制性交容疑で逮捕された事件と同様、稲井被告にとってナンパは、“成功数を競う”ゲーム感覚であり、女性への暴力性などは頭になかったのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。