エンタメ

北川景子ドラマ『フェイクニュース』が描くネットメディアの実情。ネットニュースは「悪」なのか?

【この記事のキーワード】
(完成しています)北川景子ドラマ『フェイクニュース』が描くネットメディアの実情。ネットニュースは「悪」なのか?の画像1

『フェイクニュース』(NHK)番組ホームページより

 10月20日から2週連続で放送される、北川景子主演、野木亜紀子脚本のドラマ『フェイクニュース』(NHK)。先週の前編に続き、今夜は後編が放送される。

 『フェイクニュース』は、大手新聞社の東日本新聞社から、ニュースサイトを運営するイーストポストに出向した東雲樹(北川景子)の奮闘を描く物語。「インスタントのうどんに青虫が入っていた」というツイートを記事にするため取材を重ねていくうち、東雲は企業間の闘争や、政治の世界の暗部を目の当たりにしていく。

 野木亜紀子は脚本家になる前はドキュメンタリー制作会社でドキュメンタリーをつくっていたという。

 そんなことから「フェイクニュース」という題材には昔から興味をもっており、2012年にマスメディアの誤報などを分析する日本報道検証機構が発足してからは、日本報道検証機構が寄付をつのるクラウドファンディングに参加するなどしてきたという(2018年10月16日付「ハフポスト」掲載のインタビューより)。

ネットメディアの問題を集約した『フェイクニュース』冒頭のシーン

 そんな野木だけに『フェイクニュース』では、ネットメディアの構造的な問題点を深くえぐっている。まず、物語の冒頭からして強烈だ。

 作品は編集部の企画会議のシーンから始まる。編集部員がひとりずつこれから手がける予定の企画について編集長にプレゼンしていくのだが、そこで東雲は「今年の猛暑を路上生活者たちはどう過ごしたのか?」という記事を提案する。その記事を通して、路上生活者たちの置かれている過酷な環境や、貧困の問題に光を当てようという企画である。

 これに対し、編集長の宇佐美寛治(新井浩文)は、<そのネタでPV数稼げんのか。いつになったらやる気出してくれるんだろうな>と吐き捨てる。

 しかし、東雲も引き下がらない。<PV数はともかく必要な記事です>と、企画の社会的意義を訴えると、編集長は<取材なしでも書けんのか>と詰め寄るのである。

 取材なしで書くことができるような内容ではないため、東雲が最低でも3日は取材時間を確保する必要があると訴えると、編集長は即座に却下。<ウチはネットメディアだ。新聞のやり方じゃコスパが合わない>と、新聞記者の仕事スタイルを貫こうとする東雲を叱責し、他の企画を要求する。

 取りつく島もない編集長の反応に仕方なく、<この秋話題の女性用下着があって>と、他の企画のプレゼンを始めると、なんと最後まで聞かずともその一言で採用。編集長はまたもや<始めからそっち出せ>と吐き捨てるのであった。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。