エンタメ

樫木裕実派かAYA派か…女性芸能人が傾倒するボディメイクトレーナー二極化

【この記事のキーワード】
AYA Instagramより

AYA Instagramより

 男性も女性も、俳優もタレントも、芸能界で活躍する者たちの見た目と身体に対する意識の高さはずば抜けている。健康維持のためという目的もあるだろうが、美しく年齢を重ねるため、体型維持のため、彼ら彼女らの多くはトレーニングを欠かさない。ワークアウト時の写真をインスタにアップする芸能人も多く、おそらく読者の方々も、トレーニングウェアを着用して身体を鍛える芸能人らの写真を一度は見たことがあるだろう。

 さて、ボディメイクのためにトレーニングに通う女性タレントらにとって、人気のトレーナーだったのは、樫木裕実(55)だろう。彼女の考案したカーヴィーダンスは一世を風靡し、書籍出版など、自身のくびれたカーヴィーボディをひっさげ大活躍していた。

 だが2012年にオープンしたスタジオもわずか1年で閉鎖。14年に自らオーナーとなり渋谷に「シミュレーション・カーヴィーホーム」を設立したが、そのスタジオも昨年6月末で閉鎖。しかし現在は東京・六本木のスタジオで女性タレントやアスリートをはじめ、一般人に対してもレッスンを行なっている。

 樫木裕実は自身の顧客に対してブログやインスタで言及することが非常に多く、「有名人御用達トレーナー」として彼女自身が著名になっていった。過去には小倉優子(34)や山田まりや(38)の出産に“立ち愛”したとブログで綴ったこともある。それほど親密な間柄になるとはすごい。

 このように、女性タレントの間でボディメイクといえば樫木裕実一強だった。しかし、最近めきめきと頭角を現しているのはFitnessモデルでCrossFitトレーナーのAYA(年齢非公開)だ。樫木と同じく彼女もインスタでその活動の様子や自身がボディメイクを担当するタレントとのツーショットなどを頻繁にUPしている。今回はこの二人のインスタから近年の女性タレントのボディメイクの動向を追った。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。