エンタメ

『テラスハウス』の強制わいせつ疑惑に菅谷哲也は「事実無根」 番組側の説明は?

【この記事のキーワード】
【完成】『テラスハウス』強制わいせつ疑惑浮上……菅谷哲也は「事実無根」の画像1

菅谷哲也公式Instagramより

 複数の男女がひとつ屋根の下で生活をともにし、その恋愛模様を記録する人気リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)。現在も放送中の人気シリーズだが、過去に出演していた菅谷哲也(25)が、撮影期間中に強制わいせつ事件を起こしていたと「週刊文春デジタル」が報じた。

 26日配信の「週刊文春デジタル」によれば、2014年12月、映画版『テラスハウス クロージングドア』の撮影中に、事件は起こった。〈被害者のA子さんは1人で女子部屋で寝ていたが、そこに菅谷が侵入し、そのままA子さんのベッドに入り込み、キスを迫った。キスの後で男女の関係を求めてきた菅谷に対し、A子さんは菅谷の頭を抱え、なだめることでその場を収めたという。〉(「週刊文春デジタル」より引用、以下同)。

 この日は収録がなかったため、スタッフは不在でたまたま菅谷とA子さんのみという状況にあったという。事件はすでに示談が成立済みであり、A子さんは記者の取材に対して、〈示談書の存在を認めた上で、「示談の時に、口外しないというのを条件で弁護士さんを通してしまったのでお話しできません」と答えた。〉としている。

 また、疑惑の浮上した菅谷は、所属事務所を通じて「今回の報道は、全く事実ではない内容であり、私自身、非常に困惑しております」とコメント。記事内容に対して法的手続きの準備をしているという。

問題の多いテラスハウス……菅谷哲也はドラマ『下町ロケット』に出演中

 2012年10月にスタートした『テラスハウス』。番組冒頭では「台本は一切ございません」と断りを入れ、出演者同士のリアルな恋愛事情を視聴者に覗かせる。この手法が若い視聴者を中心に受けて、同番組は人気シリーズ化している。

 菅谷哲也といえば、2012年の番組スタート時からレギュラーメンバーとして登場。「てっちゃん」の愛称で親しまれ、約2年間もの出演暦を持つ。番組を卒業後はかねてより夢だった俳優の道へ進み、2017年のドラマ『陸王』(TBS系)や、2018年の映画『不能犯』など、映像作品にコンスタントに出演して芸能活動を続けている。現在も、放送中のドラマ『下町ロケット』(TBS系)に出演中だ。

 『テラスハウス』は、ほかにも今井華(25)や筧美和子(24)、Niki(22)など、若手タレントの登竜門番組としても注目を集めている。しかし、テレビには決して映し出されることのない、リアルすぎる“裏事情”が発覚し、過去にも物議をかもしたことがある。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。