政治・社会

大塚家具「最大80%OFFの在庫一掃セール」はどれだけ安くなっているか

【この記事のキーワード】

ohtsukakagu_1752

 IDC大塚家具が、9月28日から10月28日まで開催した最大80%OFFの「在庫一掃セール」を、11月25日まで延長している。セールの反響が良いためで、10月の店舗売上は昨年7月以来に前年同月を上回ると見込まれている。

 大塚家具は「父娘戦争」と呼ばれたお家騒動を経て分裂。創業者である父・大塚勝久会長は高級路線に特化した「匠大塚」を新たに設立し、娘・大塚久美子社長はカジュアル路線に舵を切った。

 しかしカジュアル路線の家具屋といえばニトリやIKEA、無印良品などもある。いずれも大塚家具よりは低価格帯で、もともとの大塚家具の顧客層とそれら店舗の顧客層は深く重なってはいなかったと見られる。大塚家具の顧客離れは著しく、深刻な業績低迷に陥っている。

 続く売上不振で、大量の在庫を抱えているため、今回のセールでは旧型在庫や展示品を一掃すべく最大80%OFFまで値引きしているという大塚家具。しかし本当に盛況なのか。その店舗を訪れてみた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。