エンタメ

市原隼人の「痴漢を仲裁した話」が炎上 正義漢エピソードの勘違い

【この記事のキーワード】
おめでとう!(市原隼人オフィシャルブログより)

(市原隼人オフィシャルブログより)

 市原隼人が10月26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演して明かしたエピソードに、Twitterで批判が寄せられている。

 市原が明かしたのは、プールに泳ぎに行った際に遭遇したという出来事だった。見知らぬ女性から「助けてください」と呼ばれたという市原。その女性はプールの中で痴漢被害に遭い、女性の彼氏が犯人と思われる年配男性に激怒。すでに「警察の方も4~5人来てた」という。

 しかし市原は「この喧嘩、僕に預けてもらっていいですか?」と言い、なぜか警察もその提案を了承して、市原が彼氏と痴漢疑惑の男性の“喧嘩”を仲裁したそうだ。揉める二人を「わざとしたかわからない、何が本当かわからないから」となだめ、最終的には彼らを蕎麦屋に連れて行ったという。

 いわゆる正義漢、アツい男エピソードとして披露されたものであり、番組では感嘆されていた市原。だが「痴漢揉み消し最低」「痴漢を擁護している」「無責任な善意」「警察は仕事しろ」等々、SNSは炎上中だ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。