『けもなれ』まさかのキス!? 膠着状態に風穴を開けるのはやはり“獣”か

【この記事のキーワード】

 煮え切らない二人に割って入ったのは、本能で生きる“獣女子”の呉羽(菊地凛子/37)だ。京谷に「あなたがやってることは、不倫男が『妻とは別れるつもりだ信じてくれ』っていいながら、ずるずるずるずる2股かけてんのとおんなじ」と説教をし、視聴者をスカッとさせる呉羽。

 しかし晶は、彼女の言うことを“正しい”とわかっていながら、「それができない人もいる」と京谷をかばってしまう。晶が京谷をかばった理由は、自分が“愛されていない”ことを認めたくないからであった。呉羽の言い分をそのまま受け止めれば、朱里が「妻」で、晶は「不倫相手」になってしまう――。

呉羽が京谷にキス!!!! 『けもなれ』4話は波乱の展開?

 “3話から”が面白いとの声もある野木亜紀子脚本作品だが、『けもなれ』は登場人物の葛藤を少しずつ描いている。しかし“職場が最悪”“彼氏の元カノが寄生状態”というエピソードは、1話からずっと通して描かれてきたことであり、一部の視聴者からは、「いつになったら物語が進展するの?」「ずっと同じ話を延々とやってない?」「毎回モヤモヤするだけで、全然スッキリしない」といった不満が聞こえる。

 といっても、恒星の抱える過去が明かされるなど進展はあった。しかもラストシーンでは「5tap」を出て京谷と一緒のタクシーに乗った呉羽が、彼に強引にキスをするという信じられない展開が待っていた。呉羽は結婚しているはずだが 、“獣”は何を考えているのかわからない。

 第4話では、京谷の失くしたスマホを呉羽が持っていると聞いた晶が、彼の代わりに呉羽の元を訪れる。そこで、呉羽から昨夜起こった衝撃の事実(キス……だけなのか?)を聞かされる。八方美人に立ち回ってきた晶だが、いよいよ彼女が大きく変化する時が来ているのだろうか。

(ボンゾ)

1 2

「『けもなれ』まさかのキス!? 膠着状態に風穴を開けるのはやはり“獣”か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。