RIP SLYME活動休止の不可解、今さら「不倫」で? ファンは「後味悪い」の声も

【この記事のキーワード】

 一部からは、「SUのことは表向きの理由で、本当はメンバー間の不仲だろうね」「ヒップホップやってるのに、不倫くらいで活動休止に追い込まれるとは考えられない」などと、理由をさまざまに憶測する声があがっている。「後味の悪い結末だなあ」と、グループの去就を残念に思うファンもあるようだ。

 RIP SLYME は2001年にデビューし、翌年に5thシングル『楽園ベイベー』が大ヒット。ヒップホップで世間を席巻し、一時代を築いたグループだった。しかし、2016年3月の23rd『Take it Easy』以降、楽曲は発表されていない。

 メンバー4人の最近の動向としては、PES(41)は今年3月に音楽レーベル「HOLON SOUNDS」を設立、DJ FUMIYA(39)はDJ活動を精力的に行っている。RYO-Z(44)とILMARI(43)はともに音楽番組へ出演しており、こちらは仲良くやっているようだ。

 現在、RIP SLYMEの公式サイト上には、〈今後ともRIP SLYMEへのご支援宜しくお願い申し上げます。〉との文言が残されているが、果たしてこれからどうなるか。グループの行方を気にするファンとしては、活動休止について納得のいく理由を求めるのも当然だろう。

(今いくわ)

1 2

「RIP SLYME活動休止の不可解、今さら「不倫」で? ファンは「後味悪い」の声も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。